ヒロアカ

【ヒロアカ】196話のネタバレ【蛙吹梅雨が3人に分身!?】

ヒロアカ196話のネタバレを掲載しています。196話では、宍田の大暴れで切島と口田が牢屋に捕えられてしまう。B組の強さを実感していた蛙吹たちだったが、蛙吹が3人に分身してB組メンバーに向かっていく。ヒロアカ196話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ196話のネタバレ

俺次第

心操は「まず対象に意識を集中させる、こいつを洗脳するって」「その上で対象に応答させられれば洗脳完了、俺の命令通り動く」「掛かり具合にもよるけどある程度の衝撃で解ける」「試したことないけど多数を一斉洗脳とかは多分無理、意識が散るから」と説明していくと、蛙吹は「それでもとっても強力な初見殺しよね」と返していた。

心操が「ただし、喋らせることは出来ない」「それと、対象に頭を使わせるような命令は通らない」「例えば、蛙吹梅雨の文字を見せて「書け」って命令は通るけど、質問して蛙吹梅雨の文字を引き出すことは出来ない」と説明すると、上鳴が「ヒーローの常とはいえ、ネタ割れるとキツイよなー」「ガン無視すりゃ良いもん」と返していく。心操が「だからコレだ」「もう一つの声帯、変声可能機構マスク「ペルソナコード」」「俺の声はマイクや拡声器を通すと効果がなくなる」「こいつは幾多のプレートを変形・共鳴させることで俺の声色を変えて直接外部に放出する」と説明していくと、上鳴が「すげェ」「じゃあ、おめー最強じゃねえか」と驚くが、心操は「この装備が強いかどうかは、俺次第だ」と考えていく。

心操が宍田に襲いかかるが、円場が「遅ェ」とエアプリズンで反撃していく。

円場が「起きろ」と宍田を洗脳から解いていく。

上鳴が「宍田止めなきゃ」と宍田に向かうと、宍田が上鳴を思い切り吹っ飛ばすが、上鳴は「俺に触ると痺れるぜ」と宍田を電気で痺れさせていく。

その隙に蛙吹が円場を舌で捕えていく。

蛙吹が円場を牢屋まで連れて行こうとするが、宍田が追いかけてくる。

口田と切島が宍田を止めようとするが、宍田はビーストモードを解除して回避していく。

再びビーストモードとなり「私の力に対抗できるのは切島氏くらいでしょう」「だァかァらァー」と切島を投げ飛ばしていく。

切島が飛んだ先には塩崎が待ち構えていた。





蛙吹が3人

上鳴と蛙吹が宍田に捕まった口田を助けようとするが、宍田は「抱えたままでは分が悪い」「一旦退いて、確実に2:1でフィニッシュですぞォー」と猛スピードで牢屋に向かって行く。

A組は切島と口田が捕まり、B組は円場が捕まっていた。

蛙吹が「B組強いわね」と呟く。

ブラドキングが「我が教え子の猛撃が遂にA組を打ち砕くのか!?」と実況すると、芦戸が「偏向実況やめろー」とツッコンでいく。

デクは観戦しながら「捕縛布へのアクション、見てから対応されてる」「戦闘スピードについて来れてない」「心操くんの強みを活かすなら」と考えていた。

上鳴が「どーする梅雨ちゃん、負けちゃうぜ」と言うと、蛙吹が「心操ちゃんの個性把握に時間取られちゃったわね」「完全に不意をつかれたわ」と言う。心操が「捕縛動作、もっと早く動けた、悪い」と言うと、蛙吹は「謝るのはこっちよ」「心操ちゃんを正面から戦わせてしまったわ」「策を怠った私がいけなかった」と返していく。上鳴が「つーかさ、ガチ戦闘訓練で怪我当たり前なのによく動けたよな」「俺助けられちゃったもん」「慣れ合う気ないとか言ってたけどさ、俺好きだぜ」「確りヒーロー志望だ」と言うと、心操は「別に、それより策を」と返し、蛙吹が「私に考えがあるの」「上鳴ちゃんポインター見て」と伝えていく。

塩崎が「私を囮に奇襲!?」「ああ、なんて罪深き所業でしょう、ムチで打たねば」と言うと、宍田が「ムチですと!?」「しかし、功は奏しましたぞ」「あと3名の内2名捕まればA組に勝てますぞ」「変声機というネタも割れた心操氏さえ捕えてしまえば、面倒な上鳴電気はスルーして勝利ですぞ」と伝えると、匂いでA組の動きを察知していく。3人の蛙吹が向かってきていた。

<<前の話 196話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。