ヒロアカ

【ヒロアカ】195話のネタバレ【心操が新技ペルソナコードを発動】

ヒロアカ195話のネタバレを掲載しています。195話では、A組とB組のチーム対抗戦が始まっていく。さっそくA組に入って戦う心操が、ペルソナコードという新技で宍田を洗脳していく!?ヒロアカ195話の内容を知りたい方はご覧ください。

ヒロアカ195話のネタバレ

対抗戦

心操の登場に「あれ相澤先生の捕縛布?」「マスクはオリジナルかな」とザワついていた。

デクは「面影を見たのは心操くんの洗脳がキッカケ」「タイミングが良いのか、それとも」と考えていた。

相澤が「一言挨拶を」と言うと、真相は「何名かは既に接したけれど、拳を交えたら友だちとか、そんなスポーツマンシップ掲げられるような気持ちの良い人間じゃありません」「俺はもう何十歩も出遅れてる」「悪いけど必死です」「立派なヒーローになって俺の個性を人の為に使いたい」「この場の皆が超えるべき壁です」「馴れ合うつもりはありません」と強く伝えていく。

ブラドキングが「戦闘訓練」「今回はA組とB組の対抗戦」「舞台はここ運動場γの一角」「双方4人組をつくり、一チームずつ戦ってもらう」と伝えていく。

宍田が「心操を加えると41名」「この半端はどう解決するのでしょうか」と言うと、ブラドキングが「心操は今回2戦参加させる」「A組チーム・B組チームそれぞれに一回ずつ」「つまり、5試合中2試合は5対4の訓練となる」と説明していく。葉隠が「そんなん4人が不利じゃん」と言うが、「ほぼ経験のない心操を組み込む方が不利だろ」と言われる。ブラドキングが「5人チームは数的有利を得られるが、ハンデもある」「今回の状況設定は「ヴィラングループを包囲し確保に動くヒーロー」」「お互いがお互いをヴィランと認識しろ」「4人捕まえた方が勝利となる」と説明していくと、小森が「ヴィランも組織化してるって言うもんね」と納得していく。さらに、ブラドキングが「双方の陣営には「激カワ据置プリズン」を設置」「相手を投獄した時点で捕まえた判定になる」と説明していくと、「緊張感よ」と突っ込まれていく。

爆豪が「「4人捕まえた方」、ハンデってそういうことか?」と聞くと、相澤は「ああ」「慣れないメンバーを入れる事、そして5人チームでも4人捕らえられたら負けってことにする」と返していく。

そして、クジを引いてチーム分けが決まっていく。





ペルソナコード

心操はA組の1番チーム、B組の5番チームに入ることになる。

お茶子が「B組5番」「デクくんは再戦やね」と言うと、デクは「面影は気になるままだけど今は」と考えながら「力をつけた心操くん、どう来るのか楽しみだ」と答えていく。

「スタートは自陣からだ」「制限時間は20分」「時間内に決着のつかない場合は残り人数の多い方が勝ち」と告げられる。

ミッドナイトが「どっちが勝つと思います?」と聞くと、オールマイトは「どうだろうねえ、多くのピンチを乗り越えてきたA組は確かに強い」「しかし、データを見ると実はB組の方が伸びてるんだ」「トラブルがない分着実に自力を上げている」と答えていく。

そして、対抗戦の1戦目が始まっていく。

蛙水が「お互いある程度手の内はわかってるけれど、基本数で押せるようにバラけないで行きましょう」と言うと、上鳴が「俺が皆から離れてテキトーにぶっぱすりゃ良くね?」と返すが、切島が「離れての間考えてるか?一人んなんぞ」と伝えていく。

上鳴が「たしかに」「あと、塩崎やばいよな、範囲あるし負けたし」と言うと、心操が「一番厄介な個性から片付けたいな」と返していく。蛙吹が「こっちが茨ちゃんをどうにかしたいと思ってるように、向こうもまず上鳴ちゃんをどうにかしたいって考えてるかも」「あとは経験値じゃ劣るものの、洗脳が強い心操ちゃん」と言うと、切島は「二人が暴れられる状況をつくりたいな」と伝えていく。

口田の鳥の報告から左方向から塩崎がツルで広範囲を探りながらこっちに向かっていることを知る。

切島が「女の子に寄ってたかんのは気乗りしねェが」と塩崎に対応しようとすると、突如現れた宍田が「口田氏の索敵に補足されるのは織り込み済みですぞ」「塩崎氏を最も警戒するであろう事も」「彼女を囮に私は這い寄り近付く」「準備をさせれば上鳴氏の独壇場となる可能性が高い」「それ故愚直に攻め入る」「私は鼻が利くのですなァアアアア」と切島をガオンレイジで吹っ飛ばしていく。

宍田獣郎太、個性「ビースト」。獣化し、体格・筋力・聴力・嗅力・視力の大幅アップ。ただし、獣化中はとってもハイだぞ。

宍田の背中に乗った円場が「仲間を巻き込む放電は出来ないぞ、上鳴電気」と考えながら、音を一切通さない独居房のエアプリズンを飛ばしていく。

円場が「よっしゃ、蹴散らせ、宍田ー」と言うと、宍田が「任されましたぞォォオ」と叫ぶが突如動きが止まっていく。

円場が「俺の声で喋りやがった!?」と言うと、心操がマスクをいじりながら「もう一つの声帯、ペルソナコード」と言い放つ。

<<前の話 195話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒロアカの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。