マッシュル

【マッシュル】76話のネタバレ【オーターの魔法が砂魔法と明らかに】

マッシュル76話のネタバレを掲載しています。76話では、オーターが砂魔法の汎用性でマッシュを追い詰めていく。が、マッシュはそれを上回る身体能力でオーターにかかと落としを繰り出す。マッシュル76話の内容を知りたい方はご覧ください。

マッシュル76話のネタバレ

砂の汎用性

オーターが「3分で貴様を塵にしてやる」と砂を繰り出してくる。

オーター・マドルの砂の魔法の要。それは砂の汎用性にある。圧倒的な密度で固められた砂は時に鉄をも削る、岩をも砕く。さらにその柔軟性は規則性のない攻撃となり回避は不可能。

がしかし、マッシュの筋肉は回避不能を可能にする。高密度に圧縮された筋繊維はまるで鉄でつくられたバネのように爆発的な力を発揮する。

筋力とは文字通り力。仮に背筋力が440kgある人間がいるとすれば、その人間が放つパンチ力は推定2〜5トン。マッシュには自信があった。今までも魔法をも凌駕してきた筋肉に。そして今回も、筋肉は魔法を圧倒する、はずであった。オーター・マドルという男でなければ。





受けるわけないじゃないですか

オーターが「貴様のような異物は大多数の人間のために切り捨てられるべき存在だ」「学校では多少認められたようだが、世間はそうはいかない」「そもそも差別とは生存戦略だ」「歴史が貴様の存在を否定しているのだ、大勢のために目を瞑れと」「そこのドワーフもそうだ」「我々人間が快適に過ごすために使役される存在」とドワーフに攻撃を放つ。

オーターが「自分の役目を果たせなかった使役魔物には規則に則って罰を与えなければならない」「マッシュ・バーンデッド、今からお前が攻撃を避けるたびそのドワーフに攻撃がいく」「これはお前の愚かな言動を模している」「切り捨てないということが合理性に欠けることを自覚しろ」「いいな?」と言い放つと、ドワーフは「大丈夫ですから、僕は」と覚悟を決めていた。

オーターが「いくぞ」と砂魔法を放つと、マッシュは避けずに受けていく。

ドワーフが「マッシュくん、だめです」「オーター様は本当にアナタを殺す気です」と叫ぶが、マッシュは攻撃を受け続けていた。オーターは「さっきの接触でこいつの力は把握した」「あとは質量とスピードを上げるだけ」「所詮は人の体、多少強いといえど肉には変わりない」とマッシュにとどめを刺していく。

オーターが「なんだこの違和感は」「なにかがおかしい」「靴と血、だけ?」と違和感に気づくと、マッシュは「変わり身の術」とオーターの背後を取っていた。

オーターが「確実に仕留めたはず」と考えていた、ドワーフは「恐ろしいものを見てしまった」「オーター様が最後の攻撃を放った直後、マッシュくんは圧倒的な瞬発力を用い、超高速でローブを脱ぎさった」「ローブは自分が脱がれたことも気付いちゃいない」「だから、あたかも人がいるかのように」「いや、どゆこと?」とマッシュの身体能力を信じられずにいた。

マッシュは「そもそもそんなアンフェアなルール、受けるわけないじゃないですか」とかかと落としを放っていく。

<<前の話 76話 次の話>>

【マッシュル】全話ネタバレ一覧【最新話あり】マッシュルのネタバレ記事をこちらにまとめています。マッシュルの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 マッシュルの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。