マッシュル

【マッシュル】75話のネタバレ【マッシュVSオーター】

マッシュル75話のネタバレを掲載しています。75話では、マッシュが神覚者の最終試験に進んでいく。そこでマッシュはオーターと戦うことに。マッシュル75話の内容を知りたい方はご覧ください。

マッシュル75話のネタバレ

口頭試問

魔法局。イノセント・ゼロ襲撃事件後、結果的にドット・ランス・マッシュは最終試験へと駒を進めていた。

マッシュたちが魔法局に来ると、ウォールバーグが「これより神覚者による最終試験前の口頭試問を行う」「当然不合格ならば最終試験には進めん、心してかかるように」と告げていく。

ウォールバーグが「呼ばれた者は案内に従って移動するように」と伝えると、マッシュは「あーあー、ゴホンッ」「好きな食べ物はシュークリームです、よし」と面接の練習をする。マッシュが呼ばれると「ここからは私が案内を務めさせていただきます」と使役魔物が現れる。

使役魔物がマッシュを案内しながら「それにしても噂は聞いておりますよ」「なんでも魔法不全者だとか」「大変ですね、周りからのあたりも強いでしょう」「心中お察しいたします」と声をかけるが、マッシュは「まぁ、いうほどつらくないですけどね」「体鍛えてるんで」と答える。広い部屋に到着すると、使役魔物が「過酷な現状を飄々と話されるんですね」「その態度、実にカンにさわります」と正体を現す。

マッシュが「なんてこった」「知らぬ間に失礼なこと言ってしまったパターンか」と言うが、使役魔物は「いえいえ、それとは関係なく私はアナタを消すよう命じられているのです」「知りませんか?我々使役魔物の存在を」「我々はご主人様に手が出せないよう呪いがかかっているのです」「その代わり圧倒的な力を手にし、魔法使いに従属するのです」と襲いかかる。

使役魔物が「魔法不全者のアナタには、この試験降りてもらいます」と襲いかかると、マッシュは「のぞむところ」と攻撃を受け止める。





僕は君を、傷つけたくはないな

使役魔物が「何故抵抗しない」と疑問を口にすると、マッシュは「なんか、本心じゃない気がしたから」「呪いをかけられ従うってのも気になるし、もし君が僕と同じような立場で仕方なく僕と戦うなら、僕は君を傷つけたくなないな」と告げ、使役魔物は「言葉が理解できたとて所詮は知能の低い獣」「貴様は黙って我々の言うことを聞いていればいいんだ」「立場を理解しろ、この奴隷が」「我々に使われ生きていられるだけでありがたく思え」と言われたことを思い出しながら「こいつ、人間なのに私にやさしく」と感じ元の姿に戻っていった。

そこに、「何をしている」「少しは仕事を果たしたのか?」とオーターが現れる。

使役魔物が「オ、オーター様」「す、すみません」と怯えながら謝ると、マッシュが「いいんだよ、ムリしなくて」「そもそも僕に目的があるのはアナタ本人でしょ」と構えていく。

使役魔物が「ダメです」「オーター様は神覚者候補といえど太刀打ちできるものではありません」と言うと、マッシュが「大丈夫だよ」と返すが、使役魔物は「いやダメです、私は知っているのです」「あれは数年前」とオーターの話をしていく。

使役魔物が「魔人族が攻め入ってきた時のことです」「魔人族は非常に強力な種族で、神覚者でも手を焼くほどの力を持ちます」「理由は簡単です、人間とは魔力の許容量がそもそも違うのです」「人間のトップクラスが魔人族にとっての並レベル」「強者ぞろいの魔法警備局の連中もひどく手こずりました」「ですが、オーター様は違いました」「加勢とともに魔人族を一掃」「しかも驚くべきはその数実に6体」「人間の能力の優劣は才能で決まります」「頭の良さ、運動能力しかり魔法もそうです」「人は努力でその才能を開花させます」「ですが、実際にそれを成し得るのはその才能に恵まれた者だけ」「オーター様は事実この魔法界の上に立つ才能を持っているのです」と語ると、マッシュは「へえー」と興味なさそうに返す。

オーターが「お前を認める訳にはいかない」「規律は一つの乱れから瓦解していく」「ウォールバーグさんや他の連中でも対イノセント・ゼロとしてお前の力を推す人間がいるが、ハッキリ言って必要ない」「私一人で十分だ、それを今から証明する」と言い放つと、マッシュが「アナタを潰さねば、僕は一生市民権を得られそうにないですね」と構えていく。

<<前の話 75話 次の話>>

【マッシュル】全話ネタバレ一覧【最新話あり】マッシュルのネタバレ記事をこちらにまとめています。マッシュルの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 マッシュルの全話ネ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。