キングダム

【キングダム】736話のネタバレ【赤麗城が壊滅・・・】

キングダム736話の要約と注目ポイントをまとめています。736話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、キングダムの内容を振り返りたい方はご活用ください。

キングダム736話のネタバレ

信たちが宜安城を攻める数刻前。桓騎らは岸にたどり着くが、このまま川下へ泳いでいった。

李牧本陣にて。趙は桓騎を見失ってしまっていた。

さらに、宜安城が落とされたという急報が入る。宜安城将軍の袁環がブチギレる。

李牧は対岸ではなくこちら側に桓騎が再上陸した可能性に気づき、桓騎が宜安城に入城している可能性を考えていた。その頃、実際桓騎が宜安城に入城していた。

桓騎らを加えて作戦会議が始まる。桓騎が全部で一万ちょっとの戦力だけで篭城できるかを聞くと、河了貂は趙軍がどのくらいで規模で来るかによると答えた。桓騎が宜安の住人の数を尋ねると、河了貂も今この状況では「人質は交渉に使える」と考えていた。

砂鬼一家は最初からこの城は人が減らされており「人質はさほど居ないぞ」と伝えた。河了貂は人質はあくまで最後の手段であり、「その前に重要な所がある」と赤麗の存在に触れた。赤麗に秦軍の残兵が立て篭っているとしたら、宜安に一点集中することができなくなり、宜安が長く持つ可能性が大きく跳ね上がると考えていた。

赤麗城前夜。壁たちが赤麗城にたどり着いていた。

壁は「思ったより残兵力がある」と感じていた。北東部軍を風范が率いて入城してきており、風范は深手を負ってしまっていた。

壁の鼓舞で士気を高めていく。

この時誰も予想だにしなかった。朝には赤麗の兵はほぼ全滅することを。

<<前の話 736話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。