キングダム

【キングダム】735話のネタバレ【桓騎の根底にある怒りの正体が判明・・・】

キングダム735話の要約と注目ポイントをまとめています。735話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、キングダムの内容を振り返りたい方はご活用ください。

キングダム735話のネタバレ

領主に顔を焼かれた召は、領主を桓騎が襲った日のことを語っていく。そして、その日に桓騎の根底に流れている怒りの正体を知ったとのこと。

桓騎は領主のことを拘束していた。

桓騎が領主の顔を焼こうとすると、偲央が止めるが、桓騎は「意味なんて必要なのかよ」「奪われる側はもう終わりで、これからはきっちり取り返しに行くと」「この世には、高い所に立って好き放題やるバカ共とそいつらの犠牲になる底辺の者達とその中間の者達がいる」「底辺のお前達の敵は高い所にいるクソヤロォ共と思っているだろうが、本当はそうじゃない」と話し、底辺が本当に怒りを向けるべき相手は無関係を決め込んでいる中間の奴らだと語った。

数的に中間の奴らで占められている以上、中間層が何もしないから世の中の構造が変わらないの考えていたのである。なので、桓騎はこの世界のほぼすべてを憎悪し否定する考えとなっていったのであった。

その時、桓騎が宜安城に到着しようとしていた。桓騎の入城で、大きく流れが変わろうとしていく。

<<前の話 735話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。