キングダム

【キングダム】719話のネタバレ【岳雷が死亡・・・】

キングダム719話の要約と注目ポイントをまとめています。719話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、キングダムの内容を振り返りたい方はご活用ください。

キングダム719話のネタバレ

飛信隊と楽華隊が共に錐型の陣を取ろうとしていた。羌瘣は全体の形を見るために中間に入ろうとしていた。羌礼が「先頭が強くないとダメなんだろ、誰が?」と聞くと、信と蒙恬が先頭に立つと告げられた。

李牧も飛信隊と楽華隊が錐型の陣を取ろうとしていることに気づくが、青歌軍が相対するため「そう簡単には脱出できませんよ」と考えていた。

楽彰はもっとも屈辱的な方法で錐型を破ろうとしていた。飛信隊と楽華隊が錐型の陣で突撃していくと、青歌軍も同じ錐型の陣で応じてきた。

両軍激しくぶつかり合う。

岳雷が飛麃を率いて突撃していくと、上和龍が立ちはだかった。

上和龍の一太刀で岳雷が斬られ死亡してしまう。

岳雷の死を飛信隊が嘆いていると、上和龍が「そう気に病むな、お前達もこの李牧殿の包囲から外に出られずに一人残らずここで死ぬのだからな」と言い放ち、怒りを露わにした信が上和龍に斬りかかっていく。

<<前の話 719話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。