キングダム

【キングダム】718話のネタバレ【飛信隊と楽華隊の共闘がクソ強いwww】

キングダム718話の要約と注目ポイントをまとめています。718話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、キングダムの内容を振り返りたい方はご活用ください。

キングダム718話のネタバレ

飛信隊がいなくなったことで、桓騎軍本陣が狙われる。

飛信隊が桓騎軍が狙われていることに気づくが、信は「ムカつくが桓騎はバカじゃねェ」「ああなったらなったで何か対処はしてくる」と伝えた。蒙恬は桓騎本軍の命運も自分たちにかかっていると言い、信もこの戦の勝敗が自分らにかかっていると考えていた。

羌瘣が楽華軍副長愛閃の元に合流していた。

一方、那貴は楽華軍五千将陸仙に合流していた。

桓騎軍本陣にて、右側が攻められ摩論が「厘玉を動かしてぶつけますよ」と確認するが、桓騎は「まだ早い」と返し、「こんな時のために来たんじゃねェのか、あいつらは」と伝えた。

桓騎軍の伝令が秦北東部軍将軍の風范に右の敵に突撃し沈めるべしと告げた。

太原を出た二十万のうち狼孟軍の襲撃を抜け、先に進んだ五万の北東部軍は率いる風范同様に皆士気が高い。地方で中央の戦争の話を聞き続けていた。彼らにとってはこの戦いは誉れであり、六大将軍桓騎は英雄なのだ。その高揚に将軍風范の檄がさらに心を震わせ士気は最高潮となり、その勢いのまま北東部軍が右から攻める趙軍にぶつかった。双方士気の高いこの激突は血煙が上がる程凄まじいものであった。そして、数で圧倒する趙軍の前に秦北東部軍の兵は次々と倒れていった。

飛信隊と楽華隊の共闘は各所で趙軍を圧倒していた。

李牧にも飛信隊が入ったことで局面が向こうに偏っているという報告が入るが、李牧は「まだまだ何もこちらが慌てる程ではありません」と冷静に見ていた。

飛信隊と楽華隊の元に青歌軍将軍の楽彰と上和龍の軍が現れる。

蒙恬は先頭に自分と信が入り全軍で大錐型の陣を展開し、青歌軍を突き抜けて李牧の籠の外に出るよう指示を出した。

<<前の話 718話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。