キングダム

【キングダム】715話のネタバレ【秦軍、あまりに絶望的すぎる・・・】

キングダム715話の要約と注目ポイントをまとめています。715話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、キングダムの内容を振り返りたい方はご活用ください。

キングダム715話のネタバレ

宜安にて。馬南慈の子供、風が前衛に向かった。

風ら雁門の人間はずっと李牧の下で戦う日を待ち望んでいたのであった。

宜安将軍の袁環は宜安の軍も同じ気持ちだと語る。匈奴との戦いを李牧が指揮したことで、匈奴からの被害を抑えられ北部が最も栄えた。そんな李牧こそ北の最高の統治者であると考えていたのである。

袁環が手を掲げると北部軍がものすごい士気で応えた。袁環はこの北部軍の士気の充実、兵力の差に敵はさぞかし困惑するだろうと言った。

そして、秦14万対趙31万の戦いが始まる。

蒙恬は今までの流れがすべて李牧によって仕組まれたことだったことを理解し、「そんなことが人に出来るのか」と李牧の読みの果てしさなさに驚愕していた。そして、この地での戦いも描き切られていると、絶望的状況であることを理解していく。

「始めなさい」と李牧が合図する。囲まれた秦軍は趙軍の一斉攻撃に混乱していた。

蒙恬は「ここは用意された狩り場だ、滞って戦ってはダメだ」と後方に脱出路を見出そうとするが、正面と左方からの攻撃により「目前の敵に集中しなければすぐにやられる」と焦りを隠せなかった。

そして、「先も考えなければ間違いなくこの秦軍はここで全滅する」とも考えていた。

河了貂も李牧の罠にはまったことに気づいていた。詰んだ状況を打破しないと考えていたが、「李牧の詰んだ盤面から逃れることなんて出来るのか」と絶望していた。

壁軍も横陣が崩れかけていた。

<<前の話 715話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。