キングダム

【キングダム】685話のネタバレ【飛信隊と岳白公軍の精鋭部隊の戦いに突入】

キングダム685話のネタバレを掲載しています。685話では、岳白公が信に迫り、飛信隊と岳白公軍の精鋭部隊の戦いが始まっていく。一方、雷土は扈輒軍本陣に連れて行かれていた。キングダム685話の内容を知りたい方はご覧ください。

キングダム685話のネタバレ

断罪の時

岳白公が飛信隊を蹴散らしていく。

岳白公が馬も吹っ飛ばしたことで羌礼も落ちてしまい、落ちながら「気をつけろ」「そ奴おかした体術を使うぞオオオオ」と叫んでいく。

飛信隊が「何だ、騎馬隊の勢いが落ちたぞ!?」「敵本陣までもう少しで」「前で何かあったのか!?」と騒いでいると、信も合流し「どうしたお前ら、追いついたぞ」と状況を聞く。兵士が「新手がいる」「気をつけて下さい、でかいくせに動きが速くて」「くそ、どこに行った」「あの巨漢で見失うなんて」と伝えていくと、信「何やってる、そこにいるぞ」と岳白公の姿を捉えていく。

岳白公が信の前に迫る。

岳白公が「よくここまで来た、飛信隊信」「扈輒様が側近三公の一人岳白、この趙右翼の将である」と告げると、信が「本陣に迫られて逃げるかと思ったがそっちから出て来るとはなァ」「手間が省けたぜ、饅頭ヤロォ」と返し、岳白公は「逃げる?まさか」「これ程素晴らしい時を私はずっと願っていたのだよ」「お前のような侵略者の将であるクソ極悪人の頭をこの手で叩きつぶす時が来ることをねエ」と言い放つ。

岳白公が「扈輒様が邯鄲の守護神となり我らも邯鄲に引きこもりました」「そして、あなた達が侵略戦争をしてバカ騒ぎしている間、私はひたすら戦闘の研究と修練に明け暮れてきました」「私の近衛兵団閃叫も同様に」「この世は複雑そうに見えるが、実は単純です」「ただ、やったことが返ってくるだけ」「つまり、暴力には暴力」「断罪の時だ、飛信隊」と言い放ち、我呂や田有が集まった飛信隊も信を先頭に岳白公軍に向かっていく。





待たせたな

扈輒軍本陣にて、雷土が捕えられていた。

そこに「待たせたな」と扈輒がやって来る。

<<前の話 685話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。