キングダム

【キングダム】677話のネタバレ【玉鳳隊がすでに壊滅状態に!?】

キングダム677話のネタバレを掲載しています。677話では、影丘の戦いが開戦から八日が経ち、すでに玉鳳隊が壊滅状態にあることがわかる。飛信隊はついに桓騎軍に招集され、影丘の戦いに向かっていく。キングダム677話の内容を知りたい方はご覧ください。

キングダム677話のネタバレ

桓騎が使う

王賁軍が苦戦を強いられていた。

趙国邯鄲に朗報が入る。

趙国青歌も同様だった。

飛信隊宿営地にて、信が「くそっ、まだ俺達に指令は来ねェのかよ」と言うと、河了貂が「王翦将軍からは昨日来たよ、まだ待機だって」と言い、信は「呼ばねェんなら桓騎の方に行かせろよ」と言い放つ。尾平が「苦戦してるんだろ、桓騎軍」と言うと、信が「苦戦どころじゃねェ」と言い、河了貂が「開戦以来、毎日情報部隊から報告が来てるけど、昨日から劣勢の内容が続いてる」と伝えていく。尾平が「え、初日から続いてるって、たしかもうあそこ開戦してから」と言うと、信が「ああ、もう八日経ってる」と言う。

桓騎軍対扈輒軍の戦いはすでに八日目に突入し、伝わるのは桓騎軍苦戦の報ばかりであった。

王翦軍本営本陣にて、「東の戦場より報告」「桓騎軍はいよいよ中央軍まで敵に分断されつつあるとのことです」という報告が入る。

倉央が「何のつもりだ、桓騎は」「本当に正面から扈輒とぶつかりそのまま敗れているぞ」「野盗の考えることは分からんが、とりあえず退がった後でおいしい所を狙っているというお前の読みは外れたな、田里弥」と言うと、田里弥は「理解に苦しむ」「まともにやるなら始めから負け戦だ」と返す。

そこに蒙恬が現れ「王翦将軍、飛信隊を動かすことを進言します」「桓騎将軍の戦場の近くで一番力を持ったまま留まっているのが飛信隊です」「彼らを今すぐ桓騎軍の援軍に向かわせるべきかと」と進言すると、倉央が「おやおや、蒙家の坊ちゃんがこの田里弥をさしおいて王翦様に進言ときたか、と田里弥が言っているぞ」と伝える。

蒙恬が「俺は幕僚に呼ばれた将軍の一人だ」「進言は普通のことだ」と言うと、王翦は「飛信隊は動かさぬ」と答える。蒙恬が「なぜですか」と聞くと、王翦は「桓騎から楽華はやるから飛信隊は中間地に留めておけと使いが来たからだ」と説明していく。蒙恬が「桓騎、将軍が飛信隊を中間地に止めておけと!?」と言うと、王翦は「ああ、つまり飛信隊は桓騎が使う」と伝える。

飛信隊宿営地に「六大将軍桓騎から飛信隊信に命令する」「今すぐ全軍で援軍に来い、今すぐだ」と桓騎軍の伝令が伝える。

信が「久しぶりだなァ、伝令オッサン」「それで戦局は一体どうなってる」と聞くと、伝令は「よくはない」「詳しくは進みながら話す」「とにかく今すぐ軍を動かせ、飛信隊信」と返す。信が楚水に確認取ると楚水が「もちろんいつでも」と返し、信が「っし、出るぞ、飛信隊」と指示し、羌瘣隊と合わせて計一万五千の飛信隊が桓騎軍隊扈輒軍の戦場に向けて出陣する。





王賁を援けろ、信

飛信隊が桓騎軍の援軍に向かったことは王翦軍本陣にも伝わった。

「飛信隊は全軍で東へ向かいました」「軍として全力で走って行った様子です」「それだけでも桓騎軍の危機が窺えるかと」と伝令が入り、倉央が「やっとか、どうせ使うならもっと早い方がよかったんじゃないか?」と言い、田里弥は「八万対二十四万の戦いだぞ」「今から一万五千が行って戦局が覆るとでも思っているのか」と言う。蒙恬が「飛信隊は数字以上の力を持っている」「立て直しのきっかけには十分成り得るはずだ」と言うと、倉央が「だといいがなー」と返す。

王翦が「蒙恬、お前は此度の桓騎は何を考えていると思う」と聞くと、蒙恬は「桓騎は、綿密な策略家というわけではなく感覚的に戦う男だが、実はあまり無意味なことはしない」「つまり、桓騎は普通に扈輒の首を取るつもりだと思う」と答えていく。

蒙恬が伝令に「桓騎軍には先に玉鳳が入っていたはずだ」「玉鳳の状況は分かるか」と聞くと、伝令は「ぎ、玉鳳軍は桓騎軍の左翼に入りました」「入りましたが今は、左翼が最も劣勢で玉鳳含めて壊滅状態にあると聞いてます」と答える。蒙恬が「何っ」と王翦の方に振り向くと、倉央が「どうした?もちろん把握していたぞ、我々は」「ハッハ、よもや若だから戦を放っぽり出して呼び戻せとか言うのではなかろうなー」と言う。田里弥が「そんなことをすればそれこそ若を子供扱いすることになるぞ、蒙恬」と言うと、盲点は「そんなことは分かってる」「分かってるが、王賁は咸陽で子供が生まれたばかりで」「しかも、まだその子の顔すら見てない」と伝える。

田里弥が「よくあることだ」と返し、倉央が「さっきからどうしろと言っているのだ、お前は」と言うと、蒙恬は「心配してやれって言ってるんだ、家族だろ」と叫ぶ。

そこに、愛閃が現れ「蒙恬様、楽華の方に敵が動いて来ました」「お戻り下さい」と伝え、蒙恬が幕僚を離れ自軍に戻っていく。愛閃が「どうかされましたか、蒙恬様」と言うと、蒙恬は「何でもない」と答えながら「死ぬなよ、王賁」「信も武運を」「そして、もし出来るなら王賁を援けろ、信」と考えていた。

戦場に着いた信は戦況を見て「これは」と言い放つ。

<<前の話 677話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。