キングダム

【キングダム】666話のネタバレ【羌礼が羌識を殺していたことが明らかに!?】

キングダム666話のネタバレを掲載しています。666話では、羌礼が三日後に羌瘣に「殺しにいく」と告げていく。そして、羌瘣の口から羌礼が羌識を殺害していることが明かされる!?キングダム666話の内容を知りたい方はご覧ください。

キングダム666話のネタバレ

三日後

羌瘣は幽連の「必ず次の蚩尤が貴様を殺しに行くぞ、必ず」という言葉を思い出していた。

羌瘣が「掟を破って外で生きている私が許せないのか」と言うと、羌礼は「私ら蚩尤族で外で生きられるのは一人だけだ」「だが瘣姉が今ケガか何かで弱ってて回復中なのは分かってる、少しだけ待ってやるよ」「別に今やりたいならやってもいいけどな」と返していく。羌瘣が羌礼の手を抑えたままでいると、羌礼が「オイ、手を離せっつってんだよ、お前」と言うが、羌瘣は「私はお前と斬り合うつもりはない」「ただ話を聞きたいだけだ」「祭で何があった」「識は」と返していく。羌礼が羌瘣の手を払い、力で抑えつけていく。

羌礼が「ああー?」「何だ瘣姉、その様はァ」「あんた、しばらく会わないうちに」と言うと、「何だ?瘣姉」「あんた、体の中の気の道がズタズタに」「禁術?しかも、よりによって呼び戻しの術を、使ったのか!?」と気づく。

羌礼が「このバカが」「あれは成功しようが失敗しようが術者は、大幅に寿命を失うんだぞ」と言うと、信は「え」と驚いていく。

羌礼が「ハハ、せっかく外に出て、何やってんだよお前」と言うと、信が「ちょっと待てよ、羌瘣」「お前、俺のためにっ」と言うが、羌礼が「やかましい」「俺のために?」「そうか、お前のために瘣姉は禁術を使ったのか」「だったら、瘣姉に命吹き込まれたお前も後でぶっ殺さねェとなァ、隊長」と言う。羌礼が「三日待ってやる、三日もあれば私と戦えるくらいまでは回復するだろう」「三日後に来て、お前を殺す」「そして、その後隊長もろとも飛信隊にいる奴らを皆殺しにする」「フッ、これが本来の蚩尤の姿」「死を撒き散らすただの禍いだ」と言うと、崇原たちが臨戦態勢を取るが、河了貂が「待って崇原、行かせて」「礼のことは羌瘣に任せて」と止めていく。羌礼は「ははは、じゃーなお前ら」「死にたくなけりゃ三日のうちに消えとけよー」と姿を消していく。

礼の中

信が「羌瘣」と叫ぶと、羌瘣は「あとで説明する」「ちゃんと離せば分かるから」「それより今は礼だ」「礼が私を見たように、私も礼の中が見えた」「礼は本当に蚩尤になって、深い闇の淵にいる」「善蚩尤の幽連と同じくらい深いところにいるけど、でもまだ何とか戻れるところにいると思う」「でもきっと、私を殺したら引き戻れない、闇の底に落ちて、本当に人ではなくなってしまうと思う」「そうはさせたくない」と返す。我呂が「でも勝てんのかよ三日後」「よく分かんねーが、お前調子悪いんだろ」と言うと、羌瘣は「あと三日瞑想すれば仮つなぎだが、全身の気の流れが回復する」「再び切れる前に、礼を倒す」と答える。「でも倒すって結局斬って殺すってことじゃ」と言われると、羌瘣は「そうせざるを得ない時はそうする」と答える。河了貂が「識って誰なの?」と聞くと、羌瘣は「識は礼と一緒に祭に出たもう一人の代表だ」「私と象姉と同じように礼と識はいつも一緒で、本当の姉妹のように育った」と説明していく。

識と礼がかつて仲良く過ごしていた日々が描かれるが、祭が始まっていく。

河了貂が「じゃあ、その識って娘は」と言うと、羌瘣は「祭で命を落としてる」「識の死が原因で、礼は今深い闇の淵にいる」と答える。河了貂が「識の死が」「そ、それってまさか」と言うと、羌瘣は「ああ、ひょっとしたら祭の中で、礼が識を殺めたのかもしれない」と答えていく。

<<前の話 666話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。