キングダム

【キングダム】665話のネタバレ【羌礼が飛信隊に来た目的が明らかに】

キングダム665話のネタバレを掲載しています。665話では、羌礼の暴走がさらに加速していく。羌礼の暴走に耐えられなくなった崇原が羌礼を追い出そうとし戦闘になりそうになるが、羌瘣がそれを止め、羌礼が飛信隊に来た目的が明らかになる!?キングダム665話の内容を知りたい方はご覧ください。

キングダム665話のネタバレ

現蚩尤

羌瘣が「二人とも私の族内で行われている祭については知っているな」と言うと、河了貂は「うん、各族の代表達が戦って生き残った一人が蚩尤になるんでしょ」と返す。羌瘣は「六年前、その蚩尤だった幽連を私が討ったが、幽連は死んでいないことにした」「村に伝わると次の蚩尤を決めるべくまた祭が行われるからだ」「だけどどうやら幽連の死が伝わり、再び祭が行われてしまったらしい」「恐らく礼が祭を勝ち残り、現蚩尤となって今ここにいる」と信と河了貂に伝えていく。

干斗は羌礼を見て「似てなんかいない」「き、羌瘣副長とは全く違う」と言う。趙兵が投降するが容赦無く殺す羌礼を見て、干斗は「あいつはただ人を殺したいだけのイカレヤローだ」と言い放つ。

飛信隊が野営で盛り上がっていたが、歩兵隊は沈んでいた。

沛浪が「新入りが言うこと聞かねェで暴れまくってるからだ」と言うと、我呂が「あぁ、羌礼か」「別に少しくらいいいだろ、敵斬りまくってくれてんだろ」と返すと、沛浪は「ああ、だがちょっと看過できねェくらいの暴れっぷりなんだってよ」と返していく。

干斗が「甘っちょろいこと言ってるのは分かってます」「実際あの小娘は俺らの何十人分、下手すりゃ百人分の働きをしてる」「それでも強けりゃ何でもいいってのはちょっと違うと思うんスよ、特にうちは松左さんが託してくれたこの飛信隊ではっ」「あいつは武器を捨てた相手まで薄笑いを浮かべて皆殺しにした、そんな奴が」と言うと、惇告が「で、でもせっかく羌瘣副長並に強い人が来てくれたんだし」と言うが、干斗は「てめェは現場を見てねェからそんなことが言えるんだよ」と返していく。沛浪が「オー、じゃあ干斗、どうしろって言ってんだお前」と言うと、干斗は「俺はすぐに追い出すべきだと思います、羌礼を」と答える。惇告が「えっ!?本気で言ってんのかお前、あんな最強の助っ人を」と言うが、干斗じゃ「だから強かろうとあいつはよくねェんだよ」「あいつは絶対、飛信隊をいつかぶっ壊しちまう」「あんな奴は、飛信隊にいちゃいけねェんだ絶対に」と返していく。

昂が吐瀉してる羌礼を心配する。

羌礼が「おっと、何だお前いっちょ前に音消しの術使うのかよ」と言うと、昂は「ご、ごめん、これ羌瘣さんに教えてもらって体に染み込んじゃってて」と答える。羌礼が「へー、で?」と言うと、昂は「ご、ごめん」「えっと僕は昂」「あの、君が初めて来た日に君に命を救われたんだ、ありがとう」と答えていく。羌礼が「へー、そうなんだ」「だったらお前が殺されてから来りゃよかったな」「で?何だ」と言うと、昂は「いや、一人でいないでみんなと一緒にいたらどうかと思って」「そっちの方が早く隊になじめるって言うか」と答える。羌礼が「へーお前、私のこと怖くないのか?」と聞くと、昂が「怖いのは怖いけどこれから仲間になるんだし」と答え、羌礼は「なめた口ききやがってザコが」と刀を突き立てていく。

羌礼が「何も分かってねー、クソ共見てると本当に皆殺しにしたくなるぜ、てか殺す」「弱ェくせにお前ら生きてるの当たり前って思ってんだろ」「へらへらしんてじゃねェよ、勘違いの世界の中でお前ら何戦った気になってんだ」「感じるか、私の剣の冷たさが、鋭さが」と首に刀を刺していくが、隊の人間が昂を探しにきたので「まだ早いか」「命拾いしたなザコ」と止めを刺さずに去っていく。

羌礼の目的

羌礼という不協和音を抱え込んだ飛信隊は羌礼の暴威によって連勝を続け、黄太森林を突破押し込まれていていた前線をようやく元の位置まで戻した。だが、日に日に苛烈になる羌礼の暴走ぶりに隊はさすがに我慢できなくなった。

信が「あいつのことは羌瘣に任せるって約束だ」と言うと、崇原は「じゃあ、羌瘣は一体何をしている」とブチギレる。信が「回復中だ、あと三日で出てくるから待ってくれと言われてる」と答えると、崇原は「待てん、あいつが何者かは知らんがもうとっくに我慢の限界を越えている」と返す。

崇原が羌礼に「軍律違反大小三十回、中でも投降兵を斬ったことは許せぬ」「本来ならお前を補えて裁くところだが、見習いに免じて見逃してやる」「さっさと飛信隊から出て行け、羌礼」と伝えていく。

羌礼が「歩兵長だっけか?」「お前にそんな権限あんのかよ」と言うと、崇原は「ある、俺はこの隊の歩兵長だ」「文句があるなら馬に乗って今すぐ騎馬団へ行け」と返す。羌礼が「瘣姉は?」と聞くと、崇原は「いない、さっさと失せろ羌礼」と返す。すると、羌礼は「チッ」「じゃー黙ってろよ、お前ら全員」「殺るぞ、マジで」「脅しじゃねーぞ」と言う。

崇原が「分かっている」「お前が三日前にすでに昂を殺しかけていたことは聞いた」「こっちも相応の覚悟で言っている」「歯向かうのなら容赦なくお前を斬る」と返していく。

羌礼は潜んでいる蒼兄弟に気づいており、「ふーん」「言っとくが、私に矢は当たんねーぞ」と言う。羌礼が「今ならまだ、みんなで土下座すりゃ許してやるぜ?」と言うが、崇原たちが襲いかかる。が、羌瘣が「待て、礼」と割り込んでいく。

羌瘣が「隊に手を出すな、お前の狙いは私だろうが」と言うと、羌礼は「クク、気づいてたか」「そうだよ、私はお前を殺しに来たんだよ、羌瘣」と返していく。

<<前の話 665話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。