キングダム

【キングダム】662話のネタバレ【羌瘣に謎の影が迫る!?】

キングダム662話のネタバレを掲載しています。662話では、秦が本格的に趙との戦いを行うことになるが、松左と羌瘣の不在によって不調となっていることが明らかになる。羌瘣は力を取り戻しかけているが、突如謎の影の姿を見ることに!?キングダム662話の内容を知りたい方はご覧ください。

キングダム662話のネタバレ

苦戦する飛信隊

魏は什虎を取りこの西の重要地を盤石のものにすべくそこから韓へ侵攻を始めた。いよいよ魏は西への領土拡大に動いた。三年という期限つきの同盟国となった秦はこれを静観し、逆に魏からの攻撃の憂いがなくなった秦は趙攻めに全力を注ぎ始めた。魏国方面に張っていた軍が北上し、続々とその前線に加わった。秦はこの三年のうちに王都邯鄲を攻略し、趙国を滅ぼそうとしていた。秦魏同盟を聞いた趙は、無論その事を理解し北部より大軍を南下させ前線に投入し、秦・趙の前線は凄まじい激戦となった。一進一退の攻防が続くこの長く延びる前線地帯で秦側で攻勢を見せる軍が二つあり、一つは楽華軍だった。

趙軍の黄隊、金隊が敗れたという報告が入り、趙将軍の黄司は「楽華の情報は朱海平原の戦いからしっかり入っていた」「蒙恬が将軍になり軍の規模も大きくなったとはいえ、これは」「我らの想定よりはるかに強い、こんなバカな」と驚く。

蒙恬の才能は将軍となり万の兵を指揮することでさらに開花した。

そして、趙軍も驚く楽華の進化の理由はもう一つあった。蒙武軍から移籍してきた剛将愛閃の存在であった。

愛閃は「クソ趙兵は木っ端微塵だ、バラバラにしてやれ」と叫ぶ。愛閃は見た目と裏腹に超武闘派の新副長。愛閃とその兵団の攻撃力は凄まじく、楽華はこれまで唯一不足していると見られていた圧倒的武力を手にしたのである。

そして、楽華の他に前線地帯で火を吹いているもう一つの軍は玉鳳軍だった。

王賁も蒙恬同様に万の兵の指揮で戦術の幅が広がりその鋭さが増した。そして、玉鳳にも強烈な新戦力が加わっていた。亜光軍から三千騎を率いて亜花錦が加わっていた。

亜花錦が命令を無視して深く入っていくが、王賁は「いい、奴の手綱はゆるいくらいで丁度いい」「亜花錦隊が敵を乱す、関常隊に兵を集めろ」と言う。関常は「しかし、強いな玉鳳は」「今このまま王翦軍に入っても主力を張れる力がある」「そしてまだまだ強くなるぞ、この軍は」と言う。

正にこの二軍が趙軍の想定以上の活躍を見せ、前線を押し込み始めた。趙はこの二軍のいる場所に援軍を送り続けざるを得なくなった。一方で趙軍に苦戦を強いられ、前線を逆に大きく押し込まれている軍も一つだけあった。それは飛信隊であった。

羌瘣に迫る影

河了貂が「苦戦の理由は分かってる」と言うと、崇原は「すまない」と言うが、信は「言うな、崇原」と言う。河了貂が「歩兵団の力が落ちるのは分かってたし、しっかり訓練したつもりだったけど実戦だとここまでうまくいかなくなるなんて」と言うと、信は「しょうがねェ」「やっぱそんだけ松左が抜けた穴はでかかったってことだ」と言う。去亥の方はまだ単体の騎馬だったため他で何とか埋められるが、松左は歩兵団の副長だったため埋め合わせが効かなかった。松左の後に副長になった沛浪も頑張ってはいたが、まだ慣れるには時間がかかる模様。尾平が「あれ?沛浪は?」と聞くと、澤圭が「ケガをして天幕で休んでます」と答える。飛信隊の戦いの主力は数が多い歩兵であり、このままでは苦戦を強いられることになる。信は「歩兵団の力の底上げか」と言い、渕が「となると若手達のさらなる成長ということに」と言うが、尾平が「いや、若手達は十分頑張ってるよ」「これ以上求めるのはちょっと酷だと思う」と言う。崇原は「尾兵の言う通り干斗を中心に若手達は奮戦している」「松左の抜けた穴をあいつらなりに埋めようと必死に」「俺が、不甲斐なさすぎる」「松左は俺が気づかぬところで色々と仕事をしていたんだ」「これ程あいつに助けられていたとは思わなかった」と言う。

我呂は「だから、死んだ奴のこと今さら言ってもどーにもなんねーだろーがよ」「歩兵の問題は誰か怪物級の助っ人が入りでもしねー限り急には解決しねー」「時間がかかる」「だが、飛信隊の今の不調の原因は歩兵の他にもう一つあるだろ」「俺はどっちかっつーとそっちの方が深刻に思ってる」「羌瘣だ」と言う。我呂が「朱海平原で仮死状態だった信を助けて以来、あいつは寝てばっかだ」「出陣しても本陣からは動かねェ」「そのせいで羌瘣隊は今そこらのふつうの五千人隊だ」「飛信隊としてはそれもでけェんだよ」と言うと、信は「分かってる我呂」「ちょっと俺が羌瘣に会ってくる」と羌瘣の元に向かう。

信が「お前が何か命を分けてどーのこーのって言ってたからよ」「羌瘣、お前一体どうなっちまったんだよ」と言うと、羌瘣は「もう少しだ、大丈夫」と答える。信が「大丈夫じゃねェだろ」「お前は何か俺のせいでっ」と言うと、羌瘣は「うん、お前に禁術を使って気の流れとかを伝える大事な線みたいなものが何本も切断された」「深い瞑想をしてずっとそれらをつなぎ直しているところだ」「もうすぐ終わる」「隊に迷惑かけて悪いと思ってるが、こっちの方が結果早い」と答える。信が「それで前みたいに戻るのか」と聞くと、羌瘣は「どうかな」「冗談だ、戻るよ、任せろ」「ちゃんと戻ってみせる」と返す。そこに「敵が動いて来た」「河了貂がすぐに本陣に戻れと」と報告が入ったので、羌瘣が「私も行く」と言うが、信が「いい、お前は寝てろ」「しっかり寝て、早く戻って来い、分かったな」と止める。

眠りについた羌瘣は精神世界で「緑穂が見えるようになった」「よし、もう少しだ、本当にもう少し」と考えるが、謎の影の姿を見て飛び起きてしまう。

<<前の話 662話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。