キングダム

【キングダム】655話のネタバレ【呉鳳明の策で戦局を打開か!?】

キングダム655話のネタバレを掲載しています。655話では、秦と魏が挟撃という形を取っているにも関わらず、什虎軍の強さに戦局が膠着してしまう。そこで呉鳳明の策で状況を打開していく!?キングダム655話の内容を知りたい方はご覧ください。

キングダム655話のネタバレ

膠着する戦場

玄右が馬介を討ち取り、玄右軍を的に攻撃を仕掛けた。魏軍は左から崩れ出したため中央の荀詠軍が左に力を割かざるを得ず、魏軍全体の攻勢は弱まった。こうした前線の膠着を崩すのが最右翼に位置した魏の狂戦士乱美迫だったが、千斗雲に録鳴未ごと止められていた。

その事実に魏本陣は慌てふためいていたが、呉鳳明は冷静に分析しているような顔をしていた。

一方、秦軍の進撃は蒙武軍は満羽軍に止められ、騰軍は満羽の強兵が入って来ている項翼軍に止められていた。項翼が莫邪刀で騰に斬りかかるが、騰は「千年早い」とつぶやく。

秦軍本陣は挟撃の形を取っているにも関わらず、それをはねのけようとする楚軍の力におののいていた。蒙毅は「挟撃自体は悪くない、いやむしろ最良の策だ」「でも、あの什虎軍には通用しない」「ただの挟撃では通じない、まだ何かが足りないんだ」「何だ、この同盟軍の挟撃に一体何が足りないんだ」と考えていた。

助攻と手攻

魏軍本陣も完全に膠着してしまったことで騒ぎ立てていたが、呉鳳明は「静まれ」と場を静めていく。そして、「戦術を変える」「乱美迫とそれと一緒に戦っている秦将録鳴未に伝令を送れ」と伝える。

乱美迫と録鳴未に魏兵から伝令が伝わる。録鳴未が「本当に呉鳳明がそう言ったのか」と確認し、「お前らここの敵、死にもの狂いでぶっ潰すぞ」と発破をかけていく。

呉鳳明からの伝令は「乱美迫軍の大隊をそこから動かす必要がある」「そのために録鳴未軍にはつぶれ役となってその強敵をそこに足止めしてもらいたい」というものだった。伝令通り録鳴未軍は敵を潰し、乱美迫軍を別の場所に向かわせていく。乱美迫軍が向かっているのは騰軍の元。その動きを見て騰は「そういうことか呉鳳明」「よかろう心得た」と考える。

呉鳳明はこの挟撃の中で助攻と主攻を作るつもりだった。

<<前の話 655話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。