キングダム

【キングダム】652話のネタバレ【呉鳳明率いる魏の援軍が到着】

キングダム652話のネタバレを掲載しています。652話では、楚の援軍が駆けつけたことで秦軍が圧倒的劣勢となる。が、そこに魏の援軍が駆けつける!?キングダム652話の内容を知りたい方はご覧ください。

キングダム652話のネタバレ

劣勢の秦軍

項翼と白麗が来たことでさらに劣勢となる秦軍。項翼は白麗の姉の夫だった臨武君の仇である蒙武を倒すことで意気込んでいた。

楚の援軍が来たことで録嗚未がやられる心配をする騰。白麗軍の遠弓隊が録嗚未の軍を狙い、「いやあれは届かぬ」と録嗚未軍は思っていたが、白麗軍の遠弓隊の弓がと録嗚未軍に命中していく。

項翼軍も録嗚未軍を狙っていく。これを受け、録嗚未軍は全軍反転し一度離脱しようとする。蒙毅は全軍退却の指示を出す。三万の援軍の出現でもはや戦にならなくなり、このままでは全滅してしまうと考えていた。騰にも退却の指示が届いていたが、敵中央軍に攻め込み蒙武の脱出を助けようとする。が、楚右翼の玄右が騰の動きを邪魔する。

蒙武軍も身動きが取れず退却ができずにいた。蒙毅は騰軍に蒙武軍の後退の援護を頼もうと考えていたようだったが、それも封じられ焦りを見せていた。

什虎軍軍師の寿胡王は「またしても十のうち一の力しか出さずに勝ってしまう」と嘆いていた。

魏の援軍到着

戦場の人間たちは何かが来ることを感じていた。そこに到着したのが魏軍。

呉鳳明率いる魏軍数万が戦場に駆けつけた。これにより寿胡王は「やればできるじゃんかよ」「やーっと面白くなってきたな」と笑みを浮かべる。千斗雲も興奮が止まらない様子を見せる。

魏の援軍に喜ぶ蒙武軍本陣。が、蒙毅は「我々はまだ魏が同盟を受けたという正式な言葉を聞いてません」「急いで魏軍に使者を送って本当の友軍であるのか確認を」と言う。そこに魏からの使者がやって来る。

呉鳳明の側近の一人の将軍荀詠が呉鳳明の言葉を伝えにやって来た。

荀詠は「秦軍・魏軍で共闘し楚軍を打ち倒す」「単純な挟撃でそちらに合わせてやる故自由に戦えとのことだ」と呉鳳明の言葉を伝える。蒙毅が「本当に魏国は同盟を受け入れたのですね!?」と聞くと、荀詠は「三年だけだぞ」と答える。

呉鳳明の元に荀詠が戻ると、呉鳳明は「死ぬほど不本意だが秦軍と共闘し楚軍をすりつぶす」と軍を展開していく。

<<前の話 652話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。