キングダム

【キングダム】651話のネタバレ【楚の将軍となった項翼・白麗が参戦】

キングダム651話のネタバレを掲載しています。651話では、蒙武軍VS満羽軍が開幕。そして、什虎での戦いに続々と援軍が駆けつけます。キングダム651話の内容を知りたい方はご覧ください。

キングダム651話のネタバレ

総大将満羽

什虎満羽軍の三万と蒙武軍三万がぶつかっていく。が、突如一人の武将に蒙武軍の兵士が蹴散らされていく。

それは総大将の満羽だった。

蒙武軍が束になって挑むが、まとめて片付けられてしまう。前線に出た満羽に近衛兵団の迅戈が追いつき「困ります殿」「寿胡王の合図もなく出ては後で我々が」と言う。

満羽は蒙武が疲れる前に戦いたいがために早々に前線に打って出てきていた。蒙武の元に手練れが現れたという報告が入り、蒙武は百騎を連れて迎えに出る。

蒙武軍本陣では蒙毅が「父が横に動いたため第一陣の勢いが目に見えて衰えた」「それにしてもおかしいのは敵の左右の軍だ」「なぜ入ってきた蒙武軍に対し挟み込みに出ない」「何か別の作戦があるのか」「それともあの中央軍だけで蒙武を討てると踏んでいるのか」と焦りを見せていた。

左翼の千斗雲は出撃合図が出ていなかったが、満羽が出撃しているのを見て我慢できずに出陣していく。

軍師の寿胡王は左奥から何かが来ていることを確認していた。

援軍

左奥から来ていたのは騰軍二万の援軍だった。

蒙毅は「先生の話では騰本人は来ないと」「什虎の戦いが厳しいと判断したのか騰将軍」と考えていた。騰は什虎が近年近寄ることもできずにいるのが満羽・千斗雲・玄右・寿胡王が根城としているからと考えており、四人とも元々は楚に吸収された大将軍たちだと言う。強い割に楚の大戦には顔を出さないのは楚に忠義がないからで、王都・郢からすると手懐けられない強者たちに什虎を与えた方が都合が良いと騰の口から語られる。什虎軍は実際かなり強く、あの蒙武に対して同数の中央軍だけで拮抗している。

出陣して来ている八万の軍を倒してから城攻めをしなければならず、録嗚未は「あと倍必要だったな」と言う。が、今動かせるのはこの二万が精一杯だった。そして、騰軍は進軍していく。

蒙武軍本陣では騰軍と録嗚未軍がそれぞれ敵左翼と敵右翼に進軍したと報告が入るが、蒙毅は「正直一万ずつでは足りない」「やはり魏軍がここに参戦してこないと什虎は取れない」と考えていた。

そこにさらなる援軍が駆けつける。駆けつけたのは楚の将軍となっていた項翼と白麗だった。

<<前の話 651話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 キングダム...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。