鬼滅の刃

【鬼滅の刃】13巻のネタバレ【VS半天狗・玉壺】

鬼滅の刃13巻のネタバレを掲載しています。鬼滅の刃13巻では、刀鍛治の里に現れた二体の上弦の鬼との戦いが描かれます。上弦の肆と上弦の伍の恐ろしすぎる能力とはいったい!?鬼滅の刃13巻の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

鬼滅の刃13巻のネタバレ

半天狗の血鬼術

刀鍛治の里を襲撃してきた二体の上弦の鬼竈門炭治郎不死川玄弥は上弦の肆の半天狗と戦っていく。玄弥は半天狗の頚を落としていくが、半天狗は頚を斬っても倒すことができず、斬る度に分身体を生み出してきた。

それに気づかずに頚を斬りまくってしまった結果、半天狗は四体のに分裂してしまう。

半天狗の分身体はそれぞれ固有の能力をもっている。炭治郎たちは半天狗の分身体に苦しめられるが、炭治郎・玄弥・竈門禰豆子の三人は協力しながらなんとか半天狗の分身体と戦っていく。

しかし、上弦の鬼の圧倒的力にやられてしまう。

無一郎VS玉壺

一方、遠くに飛ばされてしまった時透無一郎は、道中怪物に襲われている小鉄を救出する。

小鉄を襲っていた怪物は上弦の伍の玉壺が生み出していたものだった。無一郎の前に玉壺が姿を現す。

人間を用いた趣味の悪い玉壺の作品を見せられた無一郎は怒りながら玉壺に斬りかかるが、小鉄をかばって攻撃を食らってしまう。

そして、一瞬の隙を突かれて玉壺の技にかかり、水の牢に閉じ込められてしまう。

甘露寺蜜璃が参戦

上弦の鬼の襲来に、近くの地区を担当していた恋柱の甘露寺蜜璃が救援に駆けつける。

里に到着するといきなり玉壺が出した巨大な怪物を倒してみせる。

半天狗の正体

半天狗の分身体の攻撃の前に苦戦を強いられる炭治郎たちだったが、禰豆子の血鬼術爆血を炭治郎の刀に付与し、刀を赫く染め上げてみせた。

そして、ヒノカミ神楽 日暈の龍 頭舞いをお見舞いする。

一方、玄弥は半天狗の分身体の一体の頚を斬り落としていた。しかし、玄弥はまるで鬼のような姿となっていた。

半天狗は分身体を四体同時に頚を斬ったとしても倒すことはできない。嗅覚に優れる炭治郎は、五体目の半天狗の存在に感づいていた。匂いで鬼の位置を探知できる炭治郎は、半天狗の正体の居場所を特定する。半天狗の本体は野ネズミ程度の大きさの鬼であった。

半天狗の本体は大きさは小さいが、頚は非常に硬く、玄弥の腕では頚を斬り落とすことができなかった。そうこうしている内に分身体が邪魔をしてくる。炭治郎を狙う分身体の攻撃から身を艇して守る玄弥。

そして、爆血刀となった炭治郎の刀で半天狗の本体の頚を狙う。

まとめ

以上、鬼滅の刃13巻のネタバレでした。13巻は刀鍛治の里を襲う上弦の鬼との戦いが描かれました。やはり上弦の鬼の能力は非常に厄介ですね。本体を見つけることができた炭治郎たちはこのまま半天狗を倒すことができるのでしょうか??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。