鬼滅の刃

【鬼滅の刃】産屋敷輝利哉についてまとめてみた【耀哉の息子で現鬼殺隊当主】

鬼殺隊当主、産屋敷耀哉の嫡男である産屋敷輝利哉。輝利哉は耀哉の死後、8歳という若さで鬼殺隊当主に就任した人物です。

今回、産屋敷輝利哉について作中で明らかになっている情報をまとめています。輝利哉の情報を振り返っていきたい方は是非ご参照ください。

産屋敷輝利哉

産屋敷耀哉の嫡男

産屋敷輝利哉は鬼殺隊当主である産屋敷耀哉の嫡男で、耀哉の後継ぎとなる。初登場は最終戦別の際。産屋敷家の子供はみんな顔が似ているが、女の子は髪色が白色だが男の輝利哉は髪色が黒色なので簡単に見分けがつく。輝利哉は女装をしているが、これは産屋敷家の男が病弱なため、13歳までは女子として育てる風習があるためである。

耀哉の死後、鬼殺隊当主となる

鬼舞辻無惨の襲撃で耀哉が死亡して以降、輝利哉は齢8歳にして鬼殺隊の当主に就任することになる。就任後いきなり無限城の無惨を倒すための指揮を取らなければならないという重責を背負い、無惨の復活を許してしまったことに責任を感じ、自暴自棄になってしまったが、妹の激励もあり再び当主としての自覚をもち、無惨討伐のために現場の隊士とともに戦っている。

関係のあるキャラ一覧

産屋敷耀哉

鬼殺隊の当主。輝利哉の父親。

産屋敷耀哉についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】産屋敷耀哉についてまとめてみた【鬼殺隊の当主】」をご参照ください。

まとめ

以上、産屋敷輝利哉についてまとめてみました。輝利哉は登場機会こそ少ないものの、鬼殺隊当主という重要な役割を任されたキャラです。しかもいきなり最終決戦の指揮を任されるというなかなかのハードモードっぷりですw輝利哉の指揮で無惨を倒すことはできるのでしょうか??戦いの行方に注目していきたいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。