鬼滅の刃

【鬼滅の刃】月の呼吸についてまとめてみた【使い手や技一覧】

十二鬼月上弦の壱の黒死牟が扱う呼吸である月の呼吸。他の呼吸に比べてエフェクトに攻撃能力が付与され、技も派手でかっこいいので月の呼吸が好きな人も多いかもしれません。

今回、月の呼吸がどんな能力でどんな技があったかなどの詳細情報をまとめました。月の呼吸について振り返っておきたい方は、ぜひこちらをご参照ください。

月の呼吸

月輪の刃が形成される特殊な呼吸

他の全集中の呼吸は、炎や水のエフェクトが出るのは演出に過ぎないが、月の呼吸は別。月の呼吸は太刀筋に無数の月輪状の刃が残り、その刃にも攻撃判定が残る効果がある。初見で攻撃を受けた霞柱の時透無一郎は、この特殊効果のせいでいきなり腕を斬り飛ばされてしまった。

本来全集中の呼吸のエフェクトは演出に過ぎないので、この効果は黒死牟の血鬼術が合わさったものによるものに思えるが詳細は不明。

また、黒死牟の武器は鬼殺隊の通常の日輪刀と同じ形状だが、かなり巨大な刀に形状を変えることも可能。漆ノ型以降の技はこの巨大な刀で放たれている。

技一覧

壱ノ型 闇月・宵の宮

横に斬り払う技。

弐ノ型 珠華ノ弄月

切り上げるように三連の斬撃を放つ技。月輪の刃で相手を取り囲む。

参ノ型 厭忌月・銷り

横払いに2連続斬撃を放つ技。

伍ノ型 月魄災禍

ノーモーションで無数の月輪の刃をまとった斬撃を繰り出す技。

陸ノ型 常世孤月・無間

月輪の刃とともに一瞬にして縦横無尽に斬撃を放つ技。

漆ノ型 厄鏡・月映え

複数方向に地を這う斬撃を放つ技。

捌ノ型 月龍輪尾

横払いの一閃だが、刀が巨大化しているのでリーチがとんでもない。

玖ノ型 降り月・連面

相手に降り注ぐように無数の斬撃を放つ技。

拾ノ型 穿面斬・蘿月

回転する斬撃を横に複数放つ技。

拾肆ノ型 兇変・天満繊月

伍ノ型 月魄災禍を超広範囲にしたような技。

拾陸ノ型 月虹・片割れ月

上から突き刺すような斬撃を複数繰り出す技。

月の呼吸の使い手

黒死牟

十二鬼月上弦の壱。もともとは始まりの呼吸の剣士の一人だったが、鬼舞辻無惨に勧誘されてとなり、無惨が欲していた呼吸が使える鬼となった。

黒死牟についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】黒死牟についての情報まとめ【上弦の壱で正体は継国巌勝】」をご参照ください。

まとめ

以上、月の呼吸についてまとめてみました。月の呼吸は十二鬼月最強の黒死牟が使っていた呼吸とあって、めちゃめちゃかっこよかったですよね。他の呼吸と違ってエフェクトがただの演出ではなく、実際に攻撃能力が付与されているという特別感もあるので、全集中の呼吸の中でも特に月の呼吸が好きな人も多いのではないでしょうか??「【鬼滅の刃】最強の呼吸ランキング」にもランクインさせていますが、作中の呼吸の中でもとても強い呼吸だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。