鬼滅の刃

【鬼滅の刃】継子についてまとめてみた【柱が見込んだ才能ある隊士】

継子は柱が見込んだ才能ある鬼殺隊隊士のこと。作中では栗花落カナヲが継子だったことが一番印象に残っているのではないでしょうか??

今回、継子について作中で明らかになっている情報をまとめてみました。継子の情報を振り返っていきたい方はご参考ください。

 

継子

 

柱に直々に育てられる才能ある隊士

継子は柱や元柱に才能を見込まれ、時期柱候補として直々に育たられている隊士のこと。剣士としての相当な才能がないと継子に選ばれることはない。

 

継子一覧

 

栗花落カナヲ

竈門炭治郎と同期の鬼殺隊員の一人。蟲柱、胡蝶しのぶの継子。

栗花落カナヲについては「【鬼滅の刃】栗花落カナヲについてまとめてみた【炭治郎と同期の女剣士】」にさらに詳しくまとめています。

 

不死川玄弥

炭治郎と同期の鬼殺隊員の一人。正式な継子ではないが、岩柱、悲鳴嶼行冥が弟子に迎えていた。

不死川玄弥については「【鬼滅の刃】不死川玄弥についてまとめてみた【鬼化できる異能者】」にさらに詳しくまとめています。

 

甘露寺蜜璃

鬼殺隊の恋柱。かつては炎柱の煉獄杏寿郎の継子だった。

甘露寺蜜璃については「【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃についてまとめてみた【鬼滅の刃唯一のお色気担当キャラ】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、継子についてまとめてみました。作中に登場した継子のキャラは多くありませんが、今後新たな継子は登場してくるのでしょうか??継子キャラのこれからの活躍に注目したいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。