鬼滅の刃

【鬼滅の刃】鉄地河原鉄珍についてまとめてみた【刀鍛治の里の里長】

刀鍛治の里の里長である鉄地河原鉄珍。鉄珍はしのぶや甘露寺といった特殊な形状の日輪刀を製造している刀匠であります。

今回、鉄地河原鉄珍について作中で明らかになっている情報をまとめています。鉄珍の情報を振り返っていきたい方は是非ご参考ください。

鉄地河原鉄珍

刀鍛治の里の里長

鉄地河原鉄珍は刀鍛冶の里の里長。若い娘が大好きで、胡蝶しのぶ甘露寺蜜璃日輪刀の製造を担当しているのもその設定が反映されていると思われる。刀鍛冶としてのプロ意識は非常に高く、竈門炭治郎が鋼鐵塚蛍が作った刀を折ってしまい謝罪した際は、「折れるような鈍(ナマクラ)を作ったあの子が悪い」と言い放っている。また、鋼鐵塚の名前をつけた張本人で、育ての親でもある。

しのぶや甘露寺の刀を製造している

鉄珍はしのぶや甘露寺の刀を製造している。しのぶと甘露寺はいずれも特殊な形状の日輪刀であり、さすが里長とあって刀鍛治としての技術は他の刀匠と比べても高いのだと思われる。

関係のあるキャラ

鋼鐵塚蛍

炭治郎の刀を作る刀匠。鉄珍が育ての親である。

鋼鐵塚蛍についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】鋼鐵塚蛍についてまとめてみた【炭治郎の日輪刀を作る刀匠】」をご参照ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。