鬼滅の刃

【鬼滅の刃】不死川実弥についてまとめてみた【風の呼吸の使い手で稀血の持ち主】

鬼殺隊の柱の一人である不死川実弥。今回、不死川実弥について作中で明らかになっている情報をまとめてみました。実弥は柱の中でも上位の強さの剣士で、これからの活躍が楽しみなキャラとなっています。不死川実弥の情報を振り返りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

不死川実弥

鬼殺隊の柱の一人

不死川実弥は鬼殺隊の柱の一人で風柱を務めている。戦闘能力は柱の中でも高く、十二鬼月最強の黒死牟も「柱の中でも上位の実力者」と言っていた。「【鬼滅の刃】柱の最強キャラランキング」でもランキング上位とさせていただいています。

不死川玄弥の兄

不死川実弥は竈門炭治郎の同期である不死川玄弥の兄。それを頑なに認めようせず玄弥を突き放すような態度を取っていたが、これは玄弥を想ってのことだったことが明らかになった。玄弥に「呼吸も使えないような才能がないやつは鬼殺隊をやめろ」と言っていたのは、「玄弥にと戦ってほしくない」という想いからの発言で、実際は玄弥のことを何よりも大切に想っていることがわかった。

鬼となった母親を殺してしまった過去を持つ

実弥は七人兄弟の長男だったが、ある夜正体不明の獣のような影に弟妹たちが襲われ次々と殺されてしまう。実弥はその獣と無我夢中で戦うが、その獣の正体はなんと鬼となった母親であった。母親を殺してしまい呆然とする実弥と死んでしまった母親を見て玄弥は、思わず「人殺し」と罵倒してしまう。この一件を機に、玄弥との間には大きな溝が生まれてしまい、実弥「弟などいない」と語るようになり、玄弥への態度も冷たくなってしまった。

粂野匡近と出会い鬼殺隊に

稀血で鬼を行動不能にできることもあり、実弥は呼吸もなしに野良の鬼狩りを行っていた。そこで出会ったのが粂野匡近という鬼殺隊隊士。粂野匡近に育手を紹介され、鬼殺隊に入隊することになった。その後、粂野匡近とともに下弦の壱の鬼を倒すが、粂野匡近は戦闘中に死んでしまい、実弥だけが柱に任命されることとなった。

不死川実弥の強さ

他のキャラの強さも気になる方は「【鬼滅の刃】ガチファンが選ぶ最強キャラランキングベスト40」も合わせてご覧ください。

風の呼吸の使い手

不死川実弥は全集中の呼吸の基本形の一つである風の呼吸の使い手。暴風のように荒々しい動きで敵を斬り裂く攻撃を繰り出していく。

嗅ぐと酩酊する血を持つ稀血の持ち主

不死川実弥ぶは鬼にとってご馳走である稀血の中でも特に希少な稀血の持ち主。実弥の血には「鬼が嗅ぐと酩酊状態となる」という特殊効果が授けられている。そのため、出血自体が鬼へのカウンタートラップとなっており、通常の鬼なら実弥の血の匂いを嗅いだだけでまともに行動できない状態となってしまうので、対鬼戦闘能力はかなり高いキャラとなっている。

技一覧

壱ノ型 塵旋風・削ぎ

竜巻のように渦を巻く斬撃を繰り出しながら突撃する技。

弐ノ型 爪々・科戸風

鋭い爪で切り裂く4つの斬撃を放つ技。

参ノ型 晴嵐風樹

嵐のように激しい斬撃を連続で繰り出す技。

肆ノ型 昇上砂塵嵐

舞い上がる砂塵のような無数の斬撃で突き上げる技。

伍ノ型 木枯らし颪

上段から風のように振り下ろす回転切り。

陸ノ型 黒風烟嵐

下段からすくい上げるように斬り上げる技。

漆ノ型 頸風・天狗風

旋風を巻き起こすような無数の斬撃を繰り出す技。

捌ノ型 初烈風斬り

周囲を渦巻くように斬りつける斬撃技。

関係のあるキャラ

不死川玄弥

炭治郎と同期の鬼殺隊の一人。実弥の実の弟。

不死川玄弥については「【鬼滅の刃】不死川玄弥についてまとめてみた【鬼化できる異能者】」にさらに詳しくまとめています。

粂野匡近

実弥に育手を紹介した人物。ともに下弦の壱の鬼と戦うが、その戦いで死亡してしまった。

粂野匡近については「【鬼滅の刃】粂野匡近についてまとめてみた【不死川実弥の兄弟子】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、不死川実弥についてまとめてみました。不死川実弥は柱の中でも上位の強さで、いまだに生き残っているキャラなので、これからの活躍も楽しみですね。玄弥との最期のやり取りはまじで泣けました。

鬼滅の刃の今までのストーリーを「【鬼滅の刃】今までのあらすじを全ネタバレ!ストーリーを一気に振り返り!」にまとめているので、今までのストーリーを振り返りたい方はそちらもご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。