鬼滅の刃

【鬼滅の刃】煉獄槇寿郎についてまとめてみた【杏寿郎の父親で元炎柱】

鬼殺隊炎柱の杏寿郎の父親として登場した煉獄槇寿郎。あれだけ頑張って戦っていた杏寿郎を侮辱するというとんでもない父親として登場しましたが、最終的には杏寿郎の言葉が響いて改心してくれました。

今回、煉獄槇寿郎について作中で明らかになっている情報をまとめています。槇寿郎の情報を振り返っていきたい方は是非ご参照ください。

煉獄槇寿郎

煉獄杏寿郎の父親

煉獄槇寿郎は炎柱の煉獄杏寿郎の父親で、煉獄家の現当主。煉獄家は代々炎柱を排出する家系のようで、槇寿郎も元炎柱である。

妻の死後情熱を失ってしまった

槇寿郎はかつて鬼殺隊の最高階級である柱の一人だった。しかし、日の呼吸について書かれた炎柱ノ書を読んでから己の才能の限界に打ちひしがれ、同時に最愛の妻も失ってしまったこともあり、剣士としての情熱を失い柱を引退。他の元柱の人間は育手として若い剣士を育てていたりするが、槇寿郎は家で酒浸りの日々を過ごすようになってしまった。

杏寿郎の遺言で再び立ち上がる

槇寿郎の気持ちは杏寿郎が猗窩座との戦いで死んでしまってからも変わらなかった。炭治郎が杏寿郎の訃報を伝えに来ても、杏寿郎を侮辱するような発言をしていた。しかし、杏寿郎の「体を大切にしてほしい」という遺言を聞き、涙を流しながら今の自分のあり方を後悔し、態度を改めるのであった。鬼舞辻無惨の鬼殺隊本部襲撃後、槇寿郎は同じ元柱の宇髄天元鱗滝左近次とともに鬼殺隊本部の防衛に加わるなど、鬼殺隊に協力する動きを見せている。

関連キャラ一覧

煉獄杏寿郎

鬼殺隊の炎柱。槇寿郎の息子。

煉獄杏寿郎についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎についてまとめてみた【弱きを助ける炎柱】」をご参照ください。

煉獄瑠火

槇寿郎の妻。作中時点ではすでに亡くなっている。

煉獄瑠火についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】煉獄瑠火についてまとめてみた【煉獄杏寿郎の母親】」をご参照ください。

まとめ

以上、煉獄槇寿郎についてまとめてみました。槇寿郎は登場当初、あれだけ頑張っていた杏寿郎を侮辱するとんでもないキャラクターでしたが、杏寿郎の遺言が心に響いて改心してくれて本当によかったですね。こういう描写こそ少年漫画の良さな気がします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。