鬼滅の刃

【鬼滅の刃】鬼についての全情報まとめ!作中に登場する鬼一覧!

鬼滅の刃に登場する鬼殺隊の敵である鬼。この鬼との戦いが中心に描かれるので、鬼滅の刃において鬼は非常に重要な存在と言えます。

そこで今回、鬼滅の刃に登場する鬼について作中で明らかになっている情報をまとめています。鬼滅の刃の鬼について振り返っていきたい方はぜひご参考ください。

鬼舞辻無惨によって生み出された生物

鬼は鬼舞辻無惨によって生み出された生物である。無惨も元々は人間だったが、ある時に鬼に変異し、最初の鬼が誕生することとなった。無惨の血を分け与えられ、それに適応した人間が鬼に変異していく。無惨によって生み出された鬼は、みな無惨に忠誠を誓っており(というより恐れのあまり逆らえないというほうが正しい)、無惨の命令には絶対である。

人間が主食

鬼の主食は人間で、人の肉や血に強い飢餓感を覚える。鬼の生命維持には人間を捕食する必要があり、また多くの人間を捕食すればするほど強力な鬼となっていく。ちなみに男の人間よりも女の人間のほうが栄養豊富なようで、女の人間を捕食したほうがより強くなるらしい。

鬼舞辻無惨の呪い

鬼には無惨の呪いがかけられており、無惨の情報が人間に漏れることを完璧に防いでいる。人間に対して無惨の名を口にしただけでも体内の無惨の細胞によって体が粉砕されるようになっており、無惨は鬼を通して自身の情報が人間に漏れることを未然に防ぐことができる。

鬼の能力

再生能力を有する

鬼の一番特徴的能力と言えるのがこの再生能力。どの鬼も共通で例え体を切断されようともすぐに体が再生し、弱点以外はどれだけ攻撃を受けようとダメージを負うことはない。この再生能力は強い鬼であればあるほど高く、上弦の鬼であれば切断された瞬間に元の状態にまで再生するほど再生力が高い鬼も存在する。また、老化することもなく、いわゆる不老不死となっており、殺される以外に鬼が死ぬことはない。

変形能力を有する

鬼は体をかなり自在に変形させることが可能。腕を多く生やしたりなど、自在に異形な姿に変形することができる。

血鬼術

強い鬼は血鬼術という固有の能力を扱うことができる。血鬼術の能力は鬼によって様々で、相手を夢の世界に閉じ込めたり、冷気を操ったり、糸を生成したりなど、これまでに様々な血鬼術が登場している。

鬼の弱点

日光

鬼最大の弱点が日光。他の弱点は上弦の鬼のような強力な鬼であれば克服している鬼もいるが、日光に関しては上弦の鬼だろうが鬼の始祖である鬼舞辻無惨であろうが共通の弱点となっている。そのため、鬼は基本的に日が差さない夜間に行動することが多い。

日輪刀による頚への攻撃

鬼殺隊が持つ日輪刀による頚への攻撃も鬼の弱点となっている。頚以外の部分を攻撃してもすぐに再生してしまうが、唯一日輪刀で頚を斬り落とされた場合は再生することなくそのまま消滅していまう。ただ、上弦の鬼のような強い鬼の場合、この弱点を克服することもあり、頚を斬り落とされようと再生してしまうような鬼もいる。

藤の花の毒

鬼は藤の花の香りを嫌っており、近づくことさえない。この藤の花の毒も鬼の弱点であり、蟲柱の胡蝶しのぶは藤の花の毒を利用して鬼を討伐していた。ただ、藤の花の毒に耐性を持つ鬼も存在する。

鬼一覧

鬼舞辻無惨

鬼の始祖。一番初めに生まれた鬼で、鬼の頂点と言える存在。

鬼舞辻無惨については「【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨についての情報まとめ【鬼を生み出すすべての元凶】」にさらに詳しくまとめています。

十二鬼月

無惨直属の12体の鬼で、鬼の中の精鋭部隊。上弦と下弦に分かれており、上弦の壱に近ければ近いほど強く、下弦の陸に近ければ近いほど弱い。

十二鬼月については「【鬼滅の刃】十二鬼月のメンバーを詳しくまとめてみた」に詳しくまとめています。

お堂の鬼

竈門炭治郎が一番最初に出会った鬼。まだ全集中の呼吸を身につけていない炭治郎にやられているので、かなり弱い鬼だと思われる。

お堂の鬼については「【鬼滅の刃】お堂の鬼についてまとめてみた【炭治郎が一番最初に遭遇した鬼】」にさらに詳しくまとめています。

手鬼

鬼殺隊の最終選別で登場した鬼。錆兎や真菰を殺害した鬼。

手鬼については「【鬼滅の刃】手鬼についてまとめてみた【最終選別で遭遇した鬼】」にさらに詳しくまとめています。

沼鬼

鬼殺隊になった炭治郎が最初の任務で戦った鬼。沼のような空間に相手を引きずりこむ血鬼術を扱う。

沼鬼については「【鬼滅の刃】沼鬼についてまとめてみた【沼に潜む暗殺鬼】」にさらに詳しくまとめています。

朱沙丸

珠世の屋敷を襲った鬼の一人。鞠での攻撃を得意とする。

朱沙丸については「【鬼滅の刃】朱紗丸についてまとめてみた【鞠を操る鬼】」にさらに詳しくまとめています。

矢琶羽

珠世の屋敷を襲撃した鬼の一体。ベクトルを操る血鬼術を扱う。

矢琶羽については「【鬼滅の刃】矢琶羽についてまとめてみた【紅潔の矢の能力者】」にさらに詳しくまとめています。

舌鬼

鼓屋敷に登場した鬼の一人。舌が長いのが特徴で、我妻善逸の霹靂一閃を食らって死亡した。

舌鬼についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】舌鬼についてまとめてみた【舌の長さが特徴の鬼】」をご参照ください。

角鬼

鼓屋敷に登場した鬼の一人。肥満体型に額に角があるのが特徴のモブ鬼。

角鬼についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】角鬼についてまとめてみた【額の角が特徴的な鬼】」をご参照ください。

母蜘蛛

の母役の鬼。糸で相手を操ることができる血鬼術を扱う。

母蜘蛛については「【鬼滅の刃】母蜘蛛についてまとめてみた【累の母親役の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

兄蜘蛛

累の兄役の鬼。頭は人間だが体は蜘蛛という累一家の鬼の中でも異形な姿をしている。

兄蜘蛛については「【鬼滅の刃】兄蜘蛛についてまとめてみた【累の兄役の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

父蜘蛛

累の父役の鬼。強靭な肉体の鬼で、並みの剣士の攻撃では傷すらつけることができない。

父蜘蛛については「【鬼滅の刃】父蜘蛛についてまとめてみた【累の父親役の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

姉蜘蛛

累の姉役の鬼。対象を包み込んで溶かしていく繭を生み出す血鬼術を扱う。

姉蜘蛛については「【鬼滅の刃】姉蜘蛛についてまとめてみた【累の姉役の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

蛇鬼

伊黒小芭内の一族を仕切っていた鬼。人を殺して奪った金品で贅沢な暮らしをしていた。

蛇鬼については「【鬼滅の刃】蛇鬼についてまとめてみた【伊黒小芭内の一族を仕切る鬼】」にさらに詳しくまとめています。

竈門禰豆子

炭治郎の妹。無惨に襲撃された際に鬼に変えられてしまった。

竈門禰豆子については「【鬼滅の刃】竈門禰豆子についてまとめてみた【日光を克服した唯一の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

珠世

無惨の呪いから解放された鬼。禰豆子が人間に戻るための薬の開発をしている。

珠世については「【鬼滅の刃】珠世についてまとめてみた【普通の鬼から脱却した特別な鬼】」にさらに詳しくまとめています。

愈史郎

珠世に助けらる際に鬼になった。珠世の付き人。

愈史郎については「【鬼滅の刃】愈史郎についてまとめてみた【珠世の付き人】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、鬼滅の刃の鬼についてまとめてみました。鬼の情報は鬼滅の刃において非常に重要な情報となるので、鬼滅の刃を最大限楽しむためにもしっかり理解しておきたいところです。鬼について新しい情報も追加されていったりするのでしょうか??今後の鬼滅の刃にも注目していきたいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。