鬼滅の刃

【鬼滅の刃】最強の鬼を決める強さランキングベスト10

鬼滅の刃の敵キャラとして登場してくる鬼。十二鬼月をはじめ、作中では数々の鬼が登場してきました。

そこで今回、鬼滅の刃における鬼の強さランキングを作成してみました。鬼滅の刃に登場する鬼の中でどの鬼が一番強いのか気になる方は、ぜひこちらのランキングをご参考ください。

 

鬼滅の刃の鬼の強さランキングベスト10

 

10位 魘夢

十二鬼月下弦の壱の下弦の鬼が次々と無惨に殺されていく中、唯一無惨の機嫌を取ることができて生き残ることができた。相手を強制的に眠らせ、夢の世界に閉じ込めることができる血鬼術を扱う。一度夢の世界に閉じ込めれば、現実世界では無防備になるので実質勝利が確定する(柱クラスになると、例え眠っていても殺気に反応されてしまうが)。無限列車での戦いで列車に融合し、乗客を人質に取って竈門炭治郎らを追い詰めるが、列車内にある弱点の頚を見つけられて死亡した。

魘夢については「【鬼滅の刃】魘夢についてまとめてみた【悪夢を見せる下弦の壱】」にさらに詳しくまとめています。

 

9位 鳴女

半天狗が死亡した後に上弦の肆に就いた鬼。無限城内の空間を自在に操ることができ、構造を思うように組み替えたり、位置を自在に入れ替えたりすることができる。戦闘向きの能力ではないが、無限城内で倒すのは相当困難なので、時間稼ぎ要員としては最強クラス。どこにいても無限城内に呼び出せるので、無惨の側近といったところですね。

鳴女については「【鬼滅の刃】鳴女についてまとめてみた【無限城を自在に操る血鬼術】」にさらに詳しくまとめています。

 

8位 獪岳

堕姫&妓夫太郎が死亡した後に上弦の陸に就いた鬼。基本十二鬼月は実力順となっているため、「上弦の陸の獪岳が上弦の肆の獪岳より上っておかしくねぇか??」と思う人もいるかもしれませんが、鳴女は確かに便利な能力ではありますが、戦闘能力はほぼなさそうなので、純粋な実力で言うと獪岳には劣るのかなということで獪岳のほうが上の順位とさせていただきました。獪岳は元剣士とあって全集中の呼吸を使える数少ない鬼。雷の呼吸に血鬼術を合わせてさらに強力な技に昇華させていました。ただ、まだ鬼になって日が浅いために血鬼術を扱いきれなかったとは言え、柱でもない隊士にタイマンでやられた上弦の鬼は獪岳ただ一人。

獪岳については「【鬼滅の刃】獪岳についてまとめてみた【最弱の上弦の鬼ww】」にさらに詳しくまとめています。

 

7位 堕姫&妓夫太郎

遊郭を転々と移り狩り場としていた鬼。炭治郎たちが初めて本格的に戦った上弦の鬼となる。兄妹の鬼で、2体セットで上弦の陸を務めている。強さで言えば兄の妓夫太郎が圧倒的に強いが、2体同時に頚を斬り落とされなければ死ぬことはないので、堕姫のおかげで妓夫太郎が頚を気にせずに立ち回れるというメリットがある。普段は妓夫太郎は堕姫の体内に潜んでいるが、堕姫では手に負えない相手の時は妓夫太郎も加勢する。堕姫は帯を操る血鬼術を、妓夫太郎は毒付きの鎌を生成する血鬼術をそれぞれ扱う。

堕姫については「【鬼滅の刃】堕姫についてまとめてみた【花魁に化ける上弦の陸】」に、妓夫太郎については「【鬼滅の刃】妓夫太郎についてまとめてみた【一番悲惨な過去を持つ鬼!?】」にさらに詳しくまとめています。

 

6位 玉壺

上弦の伍の鬼。壺から上半身を出した異形な姿をした鬼。壺の中は異空間となっており、壺間を自由に移動できたり、壺から化け物を召喚したりすることができる。また、脱皮を行うことで真の姿となり、壺状態とはうって変わって強靭なフィジカルを活かした肉弾戦を得意とする戦闘スタイルとなる。一応上弦の伍なので妓夫太郎らより順位を上としていますが、霞柱の時透無一郎に軽くあしらわれていたので上弦の鬼なのに全然強い気がしないというw

玉壺については「【鬼滅の刃】玉壺についてまとめてみた【悪趣味すぎる芸術家】」にさらに詳しくまとめています。

 

5位 半天狗

上弦の肆の鬼。弱々しい老人の姿をしているが、頚を斬り落とされる度に若くて強力な分身体を生み出す血鬼術を扱う。作中では4体の分身体を生み出しており、生み出した分身体を融合させて憎伯天という超強力な分身体も生み出していた。本体は野ねずみほどの大きさだが、基本戦場から離れた位置で戦いを見守っており、小さいにも関わらず頚はかなり硬いので、分身体をかい潜りながら本体を倒すのは相当困難を極める。

半天狗については「【鬼滅の刃】半天狗についてまとめてみた【作中一のゲスキャラww】」にさらに詳しくまとめています。

 

4位 猗窩座

上弦の参の鬼。人間時代から習得していた武術を鬼になってからも磨き続け、今は極みの域に達している。破壊殺という武術技を繰り出す非常にシンプルな血鬼術となっているが、炎柱の煉獄杏寿郎や水柱の冨岡義勇といった柱の中でも中堅どころのキャラたちを追い込んでいった。特に、羅針という相手の闘気を感知する技が強力で、相手の動きを先読みすることができてしまう。

猗窩座については「【鬼滅の刃】猗窩座についてまとめてみた【戦闘狂の上弦の参】」にさらに詳しくまとめています。

 

3位 童磨

上弦の弐の鬼。作中でも胡蝶カナエ胡蝶しのぶといった柱を倒してきている。冷気を操る血鬼術を扱い、冷気による広範囲攻撃や吸い込むことで肺を壊死させる微小な冷気を散布させたりと攻撃方法はバラエティに富む。しのぶのアシストありきとは言え、嘴平伊之助&栗花落カナヲの新人コンビニやられてしまったのでやや強キャラ感が薄れてしまった。

童磨については「【鬼滅の刃】童磨についてまとめてみた【上弦の弐の氷の血鬼術の使い手】」にさらに詳しくまとめています。

 

2位 黒死牟

上弦の壱の鬼。正体は始まりの呼吸の剣士である継国縁壱の双子の兄の継国巌勝。が発現し、残る時間が少ないことに悩んでいたところに無惨からの勧誘を受けて鬼となった。もともと剣士だったこともあり、獪岳同様鬼でありながら全集中の呼吸を使うことができる。しかも月の呼吸というどう考えても最強クラスの呼吸の使い手で、無限城での戦いは上弦の壱の名に恥じない戦いっぷりを見せてくれた。

黒死牟については「【鬼滅の刃】黒死牟についての情報まとめ【上弦の壱で正体は継国巌勝】」にさらに詳しくまとめています。

 

1位 鬼舞辻無惨

鬼の始祖。もともと病弱だったが、とある医師に薬を投与されたことがきっかけで強靭な体を持つ鬼となった。鬼の弱点である頚を克服しており、日光を浴びでもしない限り死ぬことはない。また、自身の血を混ぜた攻撃を繰り出し、人間にとっては猛毒の血となっているので、一太刀でも浴びると死が確定してしまう。

鬼舞辻無惨については「【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨についての情報まとめ【鬼を生み出すすべての元凶】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、鬼滅の刃における鬼の強さランキングでした。当たり前ですが、ランキングは十二鬼月のキャラがほとんど占める結果となりました。十二鬼月が基本的に実力順となっているので、鬼の強さランキングは順位がかなり明確ですからね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。