鬼滅の刃

【鬼滅の刃】新・上弦の伍は存在するのか?正体候補キャラをまとめてみた!

鬼滅の刃の伏線の一つとして有名な新・上弦の伍の存在。現在、新たな上弦の鬼として新・上弦の肆、新・上弦の陸の鬼は登場していますが、新・上弦の伍の鬼は登場していません。そのため、「新・上弦の伍も今後登場するのでは??」と予想している人も多いです。

そこで今回、新・上弦の伍として有力視されているキャラやその理由などをまとめてみました。新・上弦の伍についての情報が気になる方はぜひご覧になってください。

 

十二鬼月新・上弦の伍について

 

新・上弦の伍の登場はあるのか??

鬼滅の刃界隈では「新・上弦の伍のが登場するのでは??」という意見がありますが、いったいなぜそう言われているのか。これは無限城での戦いで鳴女獪岳がそれぞれ新たな上弦の肆、上弦の陸として登場したためです。十二鬼月は実力順なので、上弦の伍も追加されていないと獪岳が上弦の陸に据えられていることが説明できません(もし新・上弦の伍が不在なのであれば、実力順という性質上、獪岳が上弦の伍に据えられるはず)。そのため、「今後新・上弦の伍の鬼も登場するのではないか??」という意見の人も多いのです。

 

新・上弦の伍候補のキャラ一覧

そして、「新・上弦の伍としてこれらのキャラが有力なのでは??」という意見もあるので、それらもまとめておきます。

 

宇髄天元の弟

一番有力なのが宇髄天元の弟説です。宇髄天元には2つ下の弟がいることが作中で描かれており、天元の父親と同じ考え・同じ言動の忍びであったことが明らかになっています。「部下は駒、妻は後継ぎを産むためなら死んでもいい」という非常に敵キャラにふさわしい性格であることも明らかになっているので、新・上弦の伍として登場するのにぴったりのキャラクターと言えます。また、「忍の鬼」というのも新しくて設定的にもかっこいいですからね。現在、宇髄天元は鱗滝左近次らとともに屋敷にいますが、そこに登場し、天元との兄弟対決という展開が描かれることもあるかもしれません。

 

玉壺

他に有力なのが上弦の伍の鬼だった玉壺。玉壺は刀鍛治の里の戦いで時透無一郎に敗れて死亡していますが、「実はまだ生きていて新・上弦の伍として登場するのでは??」という予想です。十二鬼月の鬼はどのキャラも人間だった頃の過去エピソードが描かれていますが、玉壺に関しては人間時代のエピソードが作中で一切描かれていません。「と言うことはまだ登場があり、その際に過去が描かれるのでは??」と予想する人も少なからずいるようです。死んだと思ってた敵キャラが実は生きていて再登場という展開はなかなか熱いので確かに可能性としてはあるかもしれません。

 

伊黒小芭内

もう一人新・上弦の伍の正体として有力視されていたのが、蛇柱の伊黒小芭内。伊黒は「長らく過去や詳細情報が描かれていなかったり、口元を隠していたりしているのが怪しい」と、以前から「正体は鬼なのでは??」と予想されていました。そして、新・上弦の伍が登場していないことから「伊黒が新・上弦の伍なのでは??」と予想する人も多くいました。ただ、伊黒の過去、口元を隠している理由も明らかにされたことで伊黒=新・上弦の伍説はなくなりました。

 

今の展開的に新・上弦の伍の登場は本当にあるのか??

現在の鬼滅の刃はラスボスである鬼舞辻無惨と鬼殺隊の戦いが激化しておりますし、クライマックス感がかなりあります。そのため、ここから新・上弦の伍が登場するのははっきり言ってかなり考えにくいです。

ただ、宇髄天元らがいる屋敷に登場する可能性は考えられました。無惨の命令で無惨最大の目的である竈門禰豆子を奪還するために禰豆子がいる屋敷を襲撃し、そこで天元や鱗滝ら元柱メンバーとの戦いが描かれるという展開はかなりあり得そうですからね。ただ、禰豆子も意識を取り戻し屋敷を離れてしまったのでその展開も考えにくくなってしまいました。

そう考えると、「新・上弦の伍の鬼は存在しない」という可能性も十分考えられてきました。十二鬼月の実力順という性質を考えると、獪岳が新・上弦の陸なら新・上弦の伍もいないとおかしいはずなのですがね。もしかすると考えすぎなだけなのかもしれません。

まとめ

以上、新・上弦の伍についての情報をまとめてみました。果たして新・上弦の伍の鬼の登場はあるのでしょうか??新キャラの登場はテンション上がるので、個人的には新・上弦の伍の登場には期待したいですが、今の展開を考えると新・上弦の伍は存在していないのかもしれません。天元の弟とかめっちゃ気になるんですけどね〜。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。