鬼滅の刃

【鬼滅の刃】91話のネタバレ【炭治郎・善逸・伊之助の連携で堕姫の頚を斬ることに成功】

鬼滅の刃91話のネタバレを掲載しています。91話では、堕姫を倒すために炭治郎も堕姫との戦いに加わり、三人で堕姫と戦っていく。炭治郎・善逸・伊之助の連携で、ついに堕姫の頚を斬ることに成功していく。鬼滅の刃91話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃91話のネタバレ

俺の頚斬るなんて無理な話

伊之助は「だあああクソ、向こうは頚斬りそうだぜ」「チクショオ、合わせて斬らなきゃ倒せねえのによ」と言い、「二人で撹乱しながら逃げ回ってるから何とか攻撃を避けれてるが、避けてるだけじゃあ意味がねえ」「距離を詰めて頚を狙わねえと」と考えていた。善逸は「伊之助、落ちつけ」「全く同時に斬る必要ないんだ、二人のの頚が繋がってない状態にすればいい」「向こうが頚を斬った後でも諦めず攻撃に行こう」と伝える。

炭治郎は「ぼんやりするな、こっちからも頚を狙え」「いける」と天元と同時に頚を狙うが、妓夫太郎はどちらの攻撃も防いでいく。

天元がもう一本の剣で背後から頚を狙うが、妓夫太郎は頭を逆に回し口で咥えて受け止める。

妓夫太郎が再び血鎌を放つ気配を感じ、天元は「竈門、踏ん張れ」と言い妓夫太郎ごと飛び出していく。

堕姫の頚を斬る

伊之助と善逸は堕姫の帯と戦っていた。伊之助が「作戦変更を余儀なくされてるぜ」「蚯蚓女に全っ然近づけねぇ」「こっち三人で蟷螂鬼はオッサンに頑張ってもらうしかねぇ」と言い、善逸は「鎌の男よりもまだこちらの方が弱い」「まずこっちの頚を斬ろう、炭治郎まだ動けるか」と言う。炭治郎は「動ける、ただ宇髄さんは敵の毒にやられているから危険な状態だ」「一刻も早く決着をつけなければ」と言う。雛鶴は「私のことも気にしないで、身を隠すから」「勝つことだけ考えて」と戦線を離脱していく。

堕姫が「だんだん動くが鈍くなってきてるわね」「誰が最初に潰れるのかしら」と言うと、伊之助は「俺と紋壱が殆ど無傷なんだ、俺たちがやらねぇと」「オッサンたちはもうボロボロだろうが」「何のための修行してきたんだ、何のために」と考えていた。炭治郎は「この鬼の頚は柔らかすぎて斬れない」「相当な速度かもしくは複数の方向から斬らなくちゃ駄目だ」と言うと、伊之助は「炭治郎の方にも帯が向かって攻撃がほんの、ほんの僅か緩んだような」「気がする、そう思うことにする」と考えていた。伊之助は「複数の方向なら二刀流の俺様に任せておけ、コラァ」「三人なら勝てるゼエエエエイ」と言い放ち、獣の呼吸 捌ノ型 爆裂猛進を放っていく。

炭治郎と善逸は伊之助を援護していく。

堕姫は帯で伊之助を止めようとするが、伊之助は防御を一切せず直進のみに集中していく。伊之助は二本の刀で堕姫の頚を挟み、陸ノ牙 乱杭を放ち頚を斬っていく。

伊之助は堕姫の頚を掴み、「くっつけらんねぇように持って遠くへ走るぞ」と言う。

<<前の話 91話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。