鬼滅の刃

【鬼滅の刃】73話のネタバレ【ついに遊郭に巣食う鬼を発見】

鬼滅の刃73話のネタバレを掲載しています。73話では、伊之助が鬼の気配を感じ取るが、見つけることができずに逃げられてしまう。そして、京極屋の善逸は花魁に鬼の音を感じていく。鬼滅の刃73話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃73話のネタバレ

追う伊之助

まきをは「情報を伝えなくては」「他の二人とも連絡が取れなくなってる」「何とか外へ、早く」「あの人の所へ、天元様」と考えていた。すると、は「また誰か来るわね」「萩本屋はお節介の多いこと」と言い、「騒いだらお前の臓物を捻り潰すからね」とまきをの元を離れていく。

伊之助がまきをの部屋の前に来ると、「妙だな、妙な感じだ」「今はまずい状況なのか?わからねぇ」「あの部屋、まきをの部屋」「ぬぬっとした気持ち悪ィ感じはするが」と考え、部屋の戸を開ける。が、そこにはまきをの姿はなかった。

伊之助は天井裏に気づき、「やっぱり鬼だ」「今は昼間だから上に逃げたな」と考え、天井にうどんを投げつける。すると、ドタバタとものすごい音で逃げていくのが聞こえたので、「逃がさねぇぞ」と天井裏の鬼を追いかける。

音が止まったところで「ここだ」と殴りかかるが、誤って客を殴りつけてしまった。

伊之助は下に逃げた気配を感じ取り一階を追いかけるが、気配を感じ取りにくかったようで見失ってしまう。

鬼の音

一方、京極屋の善逸は女の子が泣いている微かな音を聞く。

女の子の元に向かうと、部屋がかなり荒れていた。

女の子が喧嘩していたことを聞くと、そこに「アンタ、人の部屋で何してんの?」と花魁が現れる。

善逸は「鬼の音だ」「今後ろにいるのは鬼だ、人間の音じゃない」「声をかけられる直前まで気づかなかった」「これ上、上弦の鬼じゃないの?」「音やばいんだけど、静かすぎて逆に怖いんだけど」と考えていた。花魁が「オイ、耳が聞こえないのかい」と言うと、近くの女たちが「蕨姫花魁、その人は一昨日に入ったばかりだから」と言うが、蕨姫は「は?だったら何なの?」と返す。善逸が「勝手に入ってすみません」「部屋がめちゃくちゃだったし、あの子が泣いていたので」と言うと、蕨姫は「不細工だね、お前気色悪い」「死んだ方がいいんじゃない?」「何だいその頭の色、目立ちたいのかい」「部屋は確かにめちゃくちゃのままだね、片付けるように言ってんだけど」と返し、女の耳を掴む。

蕨姫が耳を掴んだままでいると、善逸が「手、放してください」と蕨姫の腕を掴んでいく。

<<前の話 73話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。