鬼滅の刃

【鬼滅の刃】47話のネタバレ【鬼殺隊当主産屋敷耀哉の能力が明らかに】

鬼滅の刃47話のネタバレを掲載しています。47話では、禰豆子が実弥の滴る血を前にしても我慢したため、鬼殺隊に存在が認められることとなる。そして、鬼殺隊当主産屋敷耀哉が持つ能力が明らかになる。鬼滅の刃47話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃47話のネタバレ

絶対に傷つけない

伊黒が「不死川、日なたでは駄目だ」「日陰に行かねばは出て来ない」と言うと、実弥は「お館様、失礼仕る」と部屋の中に一瞬で移動する。

実弥がを構えると、炭治郎が「やめろーっ」と止めようとするが、伊黒が押さえつけて身動きを封じていく。

実弥が刀で箱を何度も突き刺し、「出て来い鬼ィィ」「お前の大好きな人間の血だァ」と叫ぶと、箱の名から苦しそうな禰豆子が出てくる。

滴る血を前に何とか耐える禰豆子。炭治郎は思い切り力を加え、ついに縛られていた縄を引きちぎっていく。

冨岡が伊黒の腕を掴み、その隙に炭治郎が禰豆子の元に駆け寄っていく。禰豆子は「人は守り、助けるもの」「傷つけない、絶対に傷つけない」という言葉を思い出し、プイッとそっぽを向く。





耀哉のカリスマ性

お館様が「どうしたのかな?」と聞くと、従者の少女が「鬼の女の子はそっぽ向きました」「不死川様に三度刺されていましたが、目の前に血塗れの腕を突き出されても我慢して噛まなかったです」と答える。お館様が「ではこれで、禰豆子が人を襲わないことの証明ができたね」「炭治郎、それでもまだ禰豆子のことを快く思わない者もいるだろう」「証明しなければならない」「これから炭治郎と禰豆子が鬼殺隊として戦えること、役に立てること」「十二鬼月を倒しておいで」「そうしたら皆に認められる」「炭治郎の言葉の重みが変わってくる」と言うと、炭治郎は「何だろうこの感じ、ふわふわする」「声?この人の声のせいで頭がふわふわするのか?」「不思議な高揚感だ」と感じていた。炭治郎が「俺と禰豆子は鬼舞辻無惨を倒します」「俺と禰豆子が必ず悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう」と意気込むが、お館様から「今の炭治郎にはできないからまず十二鬼月を一人倒そうね」と諭される。

お館様は「鬼殺隊の柱たちは当然抜きん出た才能がある」「血を吐くような鍛錬で自らを鍛え上げて死線をくぐり、十二鬼月をも倒している」「だからこそ柱は尊敬され優遇されるんだよ」「炭治郎も口の利き方には気をつけるように」と炭治郎に説明し、実弥と伊黒には「あまり下の子に意地悪をしないこと」と伝える。鬼殺隊当主の産屋敷耀哉。耀哉の声音動作の律動は、話す相手を心地良くさせる。現代の言葉では1/αゆらぎと言い、カリスマ性があり大衆を動かす力を持つ者が、この能力を備えている場合が多い。耀哉は「炭治郎の話はこれで終わり、下がっていいよ」「そろそろ柱合会議を始めようか」と言う。

<<前の話 47話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。