鬼滅の刃

【鬼滅の刃】37話のネタバレ【冨岡が父鬼を瞬殺】

鬼滅の刃37話のネタバレを掲載しています。37話では、伊之助が危機を迎えるが、冨岡の登場で父鬼を瞬殺していった。累と戦う炭治郎だったが、早々に刀を折られてしまう。鬼滅の刃37話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃37話のネタバレ

走馬灯

伊之助が「敵からこれほどの圧を今まで感じたことがない」「だめだ、勝てねぇ、俺は死ぬ、殺される」と感じていると、炭治郎の「俺が戻るまで死ぬな」という言葉や藤の屋敷の老婆の「どのような時でも誇り高く生きて下さいませ、ご武運を」という言葉を思い出しながら、「負けねぇ、絶対負けねぇ」「俺は鬼殺隊の嘴平伊之助だ」「かかって来やがれゴミクソが」と言い放つが、父鬼に殴り飛ばされる。

伊之助が「速い、見えねえ」と追いつけずにいると、父鬼が追撃を仕掛けてくる。

伊之助は躱して獣の呼吸 参ノ牙 喰い裂きを繰り出すが、刀のほうが折れてしまう。

木に激突した伊之助が「しまった、呼吸で受け身を取り損ねた」と感じていると、父鬼に「オレの家族に近づくなアァア」と持ち上げられる。

伊之助が「俺は死なねええぇぇえ」と獣の呼吸 壱ノ牙 穿ち抜きを放つが刺さって刀が動かなくなってしまう。

頸椎を握り潰される直前の一瞬、伊之助は走馬灯を見た。





関係ないけどね

伊之助が止めを刺される直前、父鬼の腕が切断された。

伊之助が「何だ?斬ったのか?アイツが?」と冨岡が来ていることに気づく。

父鬼が襲いかかると、冨岡は水の呼吸 肆ノ型 打ち潮でバラバラにしていった。

伊之助は「すげぇ、格が違う」「一太刀の威力が違う、天地ほど差がある」「あの硬い化け物を豆腐みたいに斬っちまった」「すげぇすげぇすげぇ」「何だコイツ、わくわくが止まらねぇぞ、オイ」と興奮していた。

累が「お前は一息では殺さないからね、うんとズタズタにした後で刻んでやる」「でも、さっきの言葉をとり消せば一息で殺してあげるよ」と告げると、炭治郎は「取り消さない、俺の言ったことは間違ってない、おかしいのはお前だ」「間違っているのはお前だ」と返していく。

炭治郎が「わかる、刺激臭も薄まってきた糸の匂いもわかるぞ」と攻撃を躱すと、累は「思ったより頭が回る奴だ、恐怖に怯まない」「まぁ、関係ないけどね」と考え、炭治郎の刀を糸で折っていった。

<<前の話 37話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ【最新話あり】鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。