鬼滅の刃

【鬼滅の刃】36話のネタバレ【父鬼が脱皮して真の姿に】

鬼滅の刃36話のネタバレを掲載しています。36話では、伊之助の二刀流によって父鬼の腕を切断することに成功する。が、父鬼は脱皮し真の姿となっていく。鬼滅の刃36話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃36話のネタバレ

累に傷つけられた鬼を見て炭治郎が「何してるんだ、仲間じゃないのか」と怒りを露わにすると、累は「仲間?そんな薄っぺらなものと同じにするな」「僕たちは家族だ、強い絆で結ばれているんだ」「それにこれは僕と姉さんの問題だよ」「余計な口出しするなら刻むから」と返した。

炭治郎が「家族も仲間も強い絆で結ばれていればどちらも同じように尊い」「血の繋がりが無ければ薄っぺらだなんてそんなことはない」「それから、強い絆で結ばれている者は信頼の匂いがする」「だけど、お前たちからは恐怖と憎しみと嫌悪の匂いしかしない」「こんなものを絆とは言わない、紛い物偽物だ」と言い放つと、そこに「お、丁度いいくらいの鬼がいるじゃねぇか」「こんなガキの鬼なら俺でも殺れるぜ」と鬼殺隊士が現れる。

隊士が「お前はひっこんでろ、俺は安全に出世したいんだよ」「出世すりゃあ上から支給される金も多くなるからな」「隊は殆ど全滅状態だが、とりあえず俺はそこそこの鬼一匹倒して下山するぜ」と累に斬りかかろうとするが、逆に切り刻まれバラバラにされる。

累が「何て言ったの?」「お前いま何て言ったの?」と炭治郎に怒りを向けると、炭治郎は「凄い威圧感だ、空気が重く濃くなった」「伊之助ごめん、頑張ってくれもう少し」「この鬼を倒したらすぐ行くから、助けに行くから」と考えながら「何度でも言ってやる、お前の絆は偽物だ」と言い放った。





脱皮

伊之助が木の陰に隠れながら「くそっ」「こんな所で隠れてるなんて情けねェぜ」「でも、考えねぇと太刀の通らない奴を斬る方法」「どうするどうする、考えろ考えろ」と思案していると、父鬼が殴りかかってくる。

伊之助が「アイツが戻るまで何とか」「なんじゃああ、その考え方ァ」「ふざけんじゃねーぞォ」と考え直し、「豚太郎の菌に汚染されたぜ、危ねぇ所だったァァ」「考える俺なんて俺じゃねぇぇえぇ」と父鬼に斬りかかる。

そして、ついに腕を斬り落とすことに成功する。

伊之助が「しゃアア、斬れたァア」「簡単なことなんだよ、一本で斬れないならその刀をブッ叩いて斬ればいいんだよ」「だって俺刀二本持ってるもん」と喜んでいると、父鬼は伊之助から逃走していく。

伊之助が追いかけると、父鬼は木の上にいた。

伊之助が「こンのクソバカタレェ〜ッ」「どこまで登っとんじゃ、まだ俺に頭を使わせようって魂胆だな」とキレていると、父鬼は脱皮していく。

脱皮した父鬼の姿を見た伊之助は「いや、デカくなり過ぎだろ、やべぇぞこれは」と威圧感を感じていて。

<<前の話 36話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ【最新話あり】鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。