鬼滅の刃

【鬼滅の刃】22話のネタバレ【鼓使いの鬼の血鬼術の能力が判明】

鬼滅の刃22話のネタバレを掲載しています。22話では、猪男が日輪刀を持っており、鬼殺隊の隊士であることが明らかになる。そして、鼓使いの鬼の血鬼術の能力が判明する。鬼滅の刃22話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃22話のネタバレ

猪の皮をかぶって日輪刀を持ってる

炭治郎は「なんだあの男、猪の皮をかぶって日輪刀を持ってる」と異様な姿に驚いていた。

猪男が「さァ化け物、屍を晒して俺がより強くなるため、より高くなるための踏み台となれェ」と鬼に襲いかかると、鬼が鼓を叩き部屋を回転させる。猪男が炭治郎を踏み台に再び鬼に斬りかかるが、炭治郎は「そいつは異能の鬼だ」「無闇矢鱈に斬りかかるのはよせ」と叫び、鬼は「腹立たしい」「小生の家で騒ぐ虫共」と鼓を叩き再び部屋を回転させた。

猪男がてる子を踏みつけながら「部屋がぐるぐる回ったぞ」「面白いぜ、面白いぜェ」と楽しんでいると、炭治郎が「人を踏みつけにするな」と猪男を吹っ飛ばしていった。

炭治郎が「こんな小さい子を踏むなんてどういうつもりだ」と叫ぶと、猪男が「いいねいいね」「いい投げ技だ」「人間に投げ飛ばされたのは初めてだぜ」と襲いかかってき、炭治郎は「なぜ俺に向かってくるんだ、鬼殺隊じゃないのか」と感じていた。

猪男が「俺の刀は痛いぜ」「坊ちゃんが使うような刀じゃねぇからよォ」「千切り裂くような切れ味が自慢なのさ」と言い放つと、炭治郎が「やめるんだ、そこに鬼がいるんだぞ」と返す。猪男が「知るか」と炭治郎に斬りかかろうとすると、鬼が「虫め、消えろ、死ね」と鼓を叩き斬撃が飛んでくる。





だんだんわかってきたぞ

炭治郎が「突然畳が裂けた」「鼓の音と同じ速度で」「獣の爪痕のような形」と気づくと、鬼は鼓を叩き続け部屋が回転しまくり、炭治郎は「右回転、左回転、だんだんわかってきたぞ」と能力の秘密に気づいていく。

すると突如炭治郎がいる部屋が変わり「また部屋が変わった」「でも、どういうことだ?さっきあの鬼は鼓を打ってないぞ」「この屋敷は複数の鬼の匂いがする」「別の鬼も鼓を持っているのか?それで」「血の匂いだ」と感じていた。

炭治郎が喰い散らかせられてる人に気づきながら「大丈夫だよ、鬼はいないから」「さぁ、向こうへ行こう」「振り返らずに、真っ直ぐ前を向いて」とてる子に伝えながら屋敷を歩くと、「これとは別にもう一つ、今まで嗅いだことのない独特な血の匂い」「出血量は少ないみたいだ」と考え、戸を開けると鼓を持った少年を発見した。

てる子の兄が「すみません、善逸さん」と声をかけると、善逸が「合図合図合図合図をしてくれよ」「話しかけるなら急にこないでくれよ、心臓が口からまろび出る所だった」「もしそうなっていたら正しくお前は人殺しだったぞ、わかるか!?」とビビり散らしていく。

てる子の兄が「すみません」「ただ、ちょっと汗・息・震えが酷すぎて」と言うと、善逸が「なんだよォ、俺は精一杯の頑張ってるだろ」と伝える。てる子の兄が「いや、申し訳ないんですけど俺も不安になってくるので」と本音を漏らすと、善逸は「やだごめんね」「でもなでもな!?あんまり喋ったりしてると鬼とかにホラ、見つかるかもだろ!?」「だから、極力静かにした方がいいって思うの、俺は、どう!?」と返し、そこに鬼が現れてくる。

<<前の話 22話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ【最新話あり】鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。