鬼滅の刃

【鬼滅の刃】14話のネタバレ【無惨と敵対する鬼の女が登場】

鬼滅の刃14話のネタバレを掲載しています。14話では、炭治郎の前に無惨と敵対する謎の女の鬼が現れる。無惨は二体の鬼に炭治郎を抹殺するよう命じていった。鬼滅の刃14話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃14話のネタバレ

あの耳飾り

無惨に鬼に変えられた男が女を襲っていく。

炭治郎が鬼を押さえつけ「奥さん、こちらよりも自分のことを」「傷口に布をあてて強く押さえてください」と告げ、「大丈夫、きっと何とかする」「奥さんの傷は致命傷じゃない、大丈夫だ」「この人は誰も殺してない」となんとか鬼を押さえ込んでいた。すると、無惨は「麗さん危険だ、向こうへ行こう」と人混みの中に消えていってしまう。炭治郎が「くそっ、くそっ、この人を放っては行けない」「鬼舞辻無惨、俺はお前を逃がさない、どこへ行こうと」「地獄の果てまで追いかけて必ずお前の頸に刃を振るう」「絶対にお前を許さない」と言い放つと、無惨は炭治郎の耳飾りを見てとある剣士のことを思い出していた。

すると警官が駆けつけてくるが、炭治郎は「だめだ、拘束具を持ってきてください、頼みます」「やめてください、俺以外はこの人を押さえられない」と伝える。

警官が「あっ、何だこいつの顔これは、正気を失ってるのか」「少年を引き剥がせ」と炭治郎を引き剥がそうとするが、炭治郎は「やめてくれ、この人に誰も殺させたくないんだ」「邪魔をしないでくれ、お願いだから」と必死に抵抗する。すると、惑血 視覚夢幻の香で辺りが幻覚に包まれる。

炭治郎が「何かの攻撃か!?まずい」と警戒すると、着物を着た女が「あなたは鬼となった者にも「人」という言葉を使ってくださるのですね、そして助けようとしている」「ならば私もあなたを手助けしましょう」と声をかけてくる。

炭治郎が「なぜですか?」「あなたは、あなたの匂いは」と尋ねると、女は「そう、私は鬼ですが医者でもあり、あの男鬼舞辻を抹殺したいと思っている」と伝えていった。



私は限りなく完璧に近い生物だ

無惨は「仕事があるんです、商談に行かなければなりません」「さっきの騒ぎも気になります」と妻子たちと別れ単独行動を取ると、路地裏で男にぶつかられる。

男に「おい、待てよ」と絡まれると、無惨は「申し訳ないが急いでおりますので」とその場を離れようとする。男が「おいおい、随分いい服着てやがるなあお前、気に入らねぇぜ」「青白い顔しやがってよお、今にも死にそうじゃねえか」と言うと、それが無惨の怒りに触れ男を壁に突き飛ばした。

男の兄が「おい、弟に何しやがる」と無惨の前に迫るが、無惨は男を蹴り飛ばしていった。

無惨は生き残っている女に「私の顔色は悪く見えるか」「私の顔は青白いか?病弱に見えるか?」「長く生きられないように見えるか?死にそうに見えるか?」「違う違う違う違う」「私は限りなく完璧に近い生物だ」「私の血を大量に与え続けられるとどうなると思う?」「人間の体は変貌の速度に耐えきれず細胞が壊れる」と自身の血を流し込んで殺害していった。

無惨が二体の鬼を呼び寄せ「耳に花札のような飾りをつけた鬼狩りの頸を持って来い、いいな」と命じていった。

<<前の話 14話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ【最新話あり】鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。