鬼滅の刃

【鬼滅の刃】106話のネタバレ【半天狗の能力が分裂だと明らかに】

鬼滅の刃106話のネタバレを掲載しています。106話では、炭治郎と無一郎の元に半天狗が姿を現す。半天狗の頚を斬り落とすことには成功するが、半天狗は死ぬことはなく分裂しさらに強くなるのであった!?鬼滅の刃106話の内容を知りたい方はご覧ください。

鬼滅の刃106話のネタバレ

ぬらり

炭治郎が寝ていると、無一郎が鼻をつまみながら「鉄穴森っていう刀鍛冶知らない?」と聞く。

炭治郎が「鉄穴森さんは知ってるけどどうしたの?」「多分鋼鐵塚さんと一緒にいるんじゃないかな?」と言うと、無一郎は「鉄穴森は僕の新しい刀鍛治」「鋼鐵塚はどこにいるの?」と返す。炭治郎が「一緒に捜そうか?」と聞くと、無一郎は「なんでそんなに人を構うの?」「君には君のやるべきことがあるんじゃないの?」と返す。炭治郎は「人のためにすることは結局、巡り巡って自分のためにもなっているものだし」「俺も行こうと思ってたからちょうどいんだよ」と答える。無一郎が「えっ?」「何?今何て言ったの?」「今、今」と驚くと、炭治郎が「へっ?」「ちょうどいいよって」と返したところで禰豆子が目を覚ます。

炭治郎と無一郎が話していると、炭治郎が「んっ?」「誰か来てます?」と気配を感じ取る。そこに、ぬらりと半天狗が侵入してくる。

衝撃的だったのはその気配のとぼけ方の巧さ。炭治郎は元より時透でさえ目視するまでと認識できなかった。裏返っているのか目には数字を確認できなかったが、間違いなくこの鬼は上弦であると判断。この間瞬き一度にも満たない時間、時透・炭治郎の二人は戦闘態勢に入る。無一郎は霞の呼吸 肆ノ型 移流斬りを放つが半天狗は跳んで躱す。

半天狗は「やめてくれえ、いぢめないでくれぇ」「痛いぃいい」と言うが、炭治郎は「気おくれするな」「大勢人を殺している鬼だ」「そうでなきゃ柱の攻撃を避けられない」と考えながら、ヒノカミ神楽 陽華突を放つ。

炭治郎の攻撃は当たり、天井から落ちてきたところを禰豆子が蹴り、怯んだ隙に無一郎が頚を斬り落としていく。

分裂

妓夫太郎堕姫のように何らかの条件がついたりと、上弦は頚を斬っても死なない場合がある。炭治郎が「時透君、油断しないで」と叫ぶと、斬った半天狗が分裂していく。

無一郎が分裂した半天狗に斬りかかるが、半天狗は扇を仰ぎ吹き飛ばしていく。

分身体が「楽しいのう」「豆粒が遠くまでよく飛んだ、なぁ積怒」と言うと、積怒は「何も楽しくはない」「儂はただひたすら腹立たしい」「可楽、お前と混ざっていたことも」と返す。

炭治郎が「また頚を同時に斬らなきゃ駄目なのか!?」と考えていると、積怒は激しい雷を起こす。

炭治郎が雷で意識が飛ばされそうになるが、屋根からは玄弥が銃で狙いを定めていた。

<<前の話 106話 次の話>>

【鬼滅の刃】ネタバレ全話・全巻まとめ鬼滅の刃のネタバレ記事をまとめています。鬼滅の刃の最新話や過去の話を振り返りたい方はこちらをご利用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。