鬼滅の刃

【鬼滅の刃】作中キャラの出身地一覧

鬼滅の刃の主要キャラは出身地が明らかになっています。ということで今回は、鬼滅の刃のキャラの出身地を一覧形式でまとめてみました。改めて出身地をまとめてみると気づくこともあるので、鬼滅キャラの出身地を振り返りたい方は、ぜひこちらをご参考ください。

 

鬼滅の刃のキャラの出身地一覧

 

竈門炭治郎 東京府 奥多摩郡 雲取山

鬼滅の刃の主人公。炭治郎の出身地は東京府奥多摩郡の雲取山です。今は西多摩郡の雲取山で、雲取山はそのまま地名として残っていますね。炭治郎は山育ちです。

竈門炭治郎については「【鬼滅の刃】竈門炭治郎についてまとめてみた【誰よりも優しい鬼滅の刃の主人子】」にさらに詳しくまとめています。

 

竈門禰豆子 東京府 奥多摩郡 雲取山

炭治郎の妹で鬼滅の刃のヒロイン。出身地は東京府奥多摩郡の雲取山で、当たり前ですが炭治郎と同じ出身地です。禰豆子も山育ち。

竈門禰豆子については「【鬼滅の刃】竈門禰豆子についてまとめてみた【日光を克服した唯一の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

 

我妻善逸 東京府 牛込區

炭治郎と同期の鬼殺隊員。出身地は東京府の牛込區というところ。今で言う新宿の牛込です。山育ちの炭治郎と比べると都会ですね。

我妻善逸については「【鬼滅の刃】我妻善逸についてまとめてみた【やる時はやる愛されキャラ】」にさらに詳しくまとめています。

 

嘴平伊之助 東京府 奥多摩郡 大岳山

炭治郎と同期の鬼殺隊員の一人。出身地は東京府奥多摩郡の大岳山。今も奥多摩の大岳山という地名で残っています。伊之助は作中でもはっきり言われている通り山育ちです。

伊之助については「【鬼滅の刃】嘴平伊之助についてまとめてみた【山育ちの野蛮人】」にさらに詳しくまとめています。

 

不死川玄弥 東京府 京橋區

炭治郎と同期の鬼殺隊員の一人。出身地は東京府京橋區。今で言う中央区京橋なのでかなりシティーボーイですね。

不死川玄弥に関しては「【鬼滅の刃】不死川玄弥についてまとめてみた【鬼化できる異能者】」にさらに詳しくまとめています。

 

栗花落カナヲ 東京府 本所區

炭治郎と同期の鬼殺隊員の一人で、胡蝶しのぶの継子。出身地は東京府本所區。今で言う墨田区の向島です。

栗花落カナヲについては「【鬼滅の刃】栗花落カナヲについてまとめてみた【炭治郎と同期の女剣士】」にさらに詳しくまとめています。

 

冨岡義勇 東京府 豊多摩郡 野方村

鬼殺隊の水柱。出身地は東京府豊多摩郡の野方村。今で言う中野区の野方です。

冨岡義勇については「【鬼滅の刃】冨岡義勇についてまとめてみた【歴代最強の水柱】」にさらに詳しくまとめています。

 

胡蝶しのぶ 東京府 北豊島郡 滝野川村

鬼殺隊の蟲柱。東京府北豊島郡の滝野川村。今で言う北区の滝野川というところです。

胡蝶しのぶについては「【鬼滅の刃】胡蝶しのぶについてまとめてみた【蟲の呼吸の毒使い】」にさらに詳しくまとめています。

 

煉獄杏寿郎 東京府 荏原郡 駒沢村

鬼殺隊の炎柱。出身地は東京府荏原郡の駒沢村。今で言う世田谷区の新桜町です。

煉獄杏寿郎については「【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎についてまとめてみた【弱きを助ける炎柱】」にさらに詳しくまとめています。

 

甘露寺蜜璃 東京府 麻布區 飯倉

鬼殺隊の恋柱。出身地は東京府麻布區の飯倉。今で言う港区の麻布台。つまり、甘露寺は港区女子。

甘露寺蜜璃については「【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃についてまとめてみた【鬼滅の刃唯一のお色気担当キャラ】」にさらに詳しくまとめています。

 

伊黒小芭内 東京府 八丈島 八丈富士

鬼殺隊の蛇柱。出身地は東京府の八丈島の八丈富士。八条島は伊豆諸島の島になります。

伊黒小芭内については「【鬼滅の刃】伊黒小芭内についてまとめてみた【謎多き蛇柱】」にさらに詳しくまとめています。

 

不死川実弥 東京府 京橋區

鬼殺隊の風柱。出身地は東京府の京橋區。今で言う中央区京橋で、当たり前ですが玄弥と同じ出身地になります。

不死川実弥については「【鬼滅の刃】不死川実弥についてまとめてみた【風の呼吸の使い手で稀血の持ち主】」にさらに詳しくまとめています。

 

悲鳴嶼行冥 東京府 靑梅 日の出山

鬼殺隊の岩柱。出身地は東京府靑梅の日の出山。今は青梅の日の出山という地名になっています。悲鳴嶼も鬼滅のキャラに多い山育ちのキャラになります。

悲鳴嶼行冥については「【鬼滅の刃】悲鳴嶼行冥についてまとめてみた【鬼殺隊最強の剣士】」にさらに詳しくまとめています。

 

時透無一郎 景信山

鬼殺隊の霞柱。出身地は景信山。今は東京都八王子市と神奈川県相模原市の境界になっています。ファンブックでは伊之助と同じ大岳山となっていましたが、作者Twitterにて誤植であることが明らかになりました。この件のおかげでズンビッパという言葉が生まれることに。

時透無一郎については「【鬼滅の刃】時透無一郎についてまとめてみた【最年少の柱】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、鬼滅の刃のキャラの出身地をまとめてみました。こうやって見てみると、鬼滅のキャラは山育ちのキャラが多いですね。回想シーンも背景が山の時がけっこうありますからね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。