鬼滅の刃

【鬼滅の刃】響凱についてまとめてみた【鼓を打つ元十二鬼月の鬼】

元十二鬼月のだった響凱。元十二鬼月とあって、当時の竈門炭治郎はなかなかに苦戦していた印象があるキャラです。今回、響凱について作中で明らかになっている情報をまとめています。響凱について振り返りたい方はこちらをご参考ください。

 

響凱

 

元十二鬼月だった鬼

響凱はもともとは鬼舞辻無惨直属の部下である十二鬼月だった鬼。下弦の陸の鬼だったが、だんだんと人間を食べることができなくなったことで無惨に見限られ、十二鬼月から降格させられた。ちなみに人間だった頃は文筆家だった。

 

鼓屋敷で炭治郎と戦い死亡

響凱は鼓屋敷を縄張りとしているが、稀血という人間50〜100人分に相当する血を持つ清という少年を屋敷に連れ込んだところに炭治郎らが突入して来たため戦闘になる。かつての十二鬼月とあって炭治郎を追い詰めるが、炭治郎に頚を斬り飛ばされ死亡した。

 

血鬼術は鼓

響凱の血鬼術は鼓。体に埋め込まれた鼓を打つことで部屋を回転させたり、爪による斬撃攻撃のようなものを飛ばしたりすることができる。もう一つ空間転移を行える鼓も持っていたが、他の鬼と争った際に落とし、清という少年に使われていた。

まとめ

以上、響凱についてまとめてみました。響凱は元十二鬼月とあって炭治郎がなかなか苦戦していた印象があるキャラです。「これで元十二鬼月だったら、十二鬼月はどんだけ強いんだ!?」と思わされましたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。