鬼滅の刃

【鬼滅の刃】鯉夏についてまとめてみた【ときと屋の花魁】

鬼滅の刃の登場キャラクターである鯉夏。鯉夏は吉原遊廓編に登場する花魁です。

鯉夏に関する情報をまとめてみました。鯉夏がどんなキャラクターだったか振り返りたい方はご参考ください。

鯉夏

ときと屋の花魁

鯉夏は吉原遊郭の遊女でときと屋の花魁。花魁は遊女の中でも最高位で、美貌・教養・芸事すべてを身につけている特別な女性である。面倒見が良い性格で、ときと屋に来たばかりの竈門炭治郎にお菓子を上げたり、足抜けした須磨の心配をしていた。

堕姫に命を狙われる

花魁として活躍していた鯉夏だったが、嫁に迎えられ吉原を出て行くことになる。が、その前夜吉原を縄張りとしていた堕姫に命を狙われる。

美しい女性を狙って捕食していた堕姫は鯉夏が街を出る前に捕食しようとしたが、その動きを炭治郎が察知。鯉夏は堕姫の血鬼術の帯に捕らえられていたが、炭治郎のおかげで解放される。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。