鬼滅の刃

【鬼滅の刃】霞の呼吸についてまとめてみた【型や使い手一覧】

鬼殺隊の霞柱、時透無一郎が使う霞の呼吸。霞の呼吸は霞がかった霧のようなエフェクトが描かれながら攻撃を仕掛ける呼吸です。

今回、霞の呼吸の型や使い手などの詳細情報をまとめてみました。霞の呼吸についての情報を振り返っていきたい方は是非ご参照ください。

霞の呼吸

風の呼吸から派生した呼吸

霞の呼吸は風の呼吸から派生した呼吸で、霞柱の時透無一郎が使用する。攻撃する際にはその名の通り、霞がかった霧のようなエフェクトが描かれる。霞の呼吸の適合者が日輪刀を握ると刀身が白色に変わる。

霞の呼吸の型一覧

壱ノ型 垂天遠霞

突き技。

弐ノ型 八重霞

体を大きくひねり、瞬時に斬撃を何度も繰り出す技。

参ノ型 霞散の飛沫

霧を晴らすように相手の攻撃を弾き返す技。

肆ノ型 移流斬り

相手の元に滑り込みながら斬り上げる技。

伍ノ型 霞雲の海

辺りを大量の霞で覆うように高速の連撃を繰り出す技。

陸ノ型 月の霞消

飛び上がりながら広範囲を霞で包み込むように斬る技。

霞の呼吸の使い手

時透無一郎

鬼殺隊の霞柱。霞の呼吸の使い手。

時透無一郎についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】時透無一郎についてまとめてみた【最年少の柱】」をご参照ください。

まとめ

以上、霞の呼吸についてまとめてみました。霞の呼吸は無一郎が使う呼吸ですが、無一郎が死んでしまったのでもう作中では見ることができなくなってしまいましたね。かっこよくて好きだったので残念でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。