鬼滅の刃

【鬼滅の刃】竈門炭十郎についてまとめてみた【炭治郎の父親】

鬼滅の刃主人公の竈門炭治郎の父親である竈門炭十郎。作中ではすでに死んでしまっているキャラクターですが、炭治郎の回想シーンで度々登場してきているキャラです。

今回、竈門炭十郎について作中で明らかになっている情報をまとめています。炭十郎について振り返っていきたい方はこちらをご参考ください。

竈門炭十郎

炭治郎の父親

炭十郎は竈門炭治郎の父親。作中ではすでに死亡してしまっているが、度々炭治郎の回想シーンで登場している。

ヒノカミ神楽を極めている

炭十郎は竈門家に代々伝わる厄払いの舞であるヒノカミ神楽を極めていた。鬼殺隊が扱う全集中の呼吸と同様の呼吸を習得しており、雪が降りしきる中日没から夜明けまで十二ある型の舞いを何百何千何万回と延々と舞い続けることができていた。

透き通る世界にも達している

炭十郎は炭治郎が十二鬼月上弦の参の猗窩座との戦いで目覚めた透き通る世界にも精通している。一炭焼き職人にも関わらず巨大な熊を倒すことができたのもこの透き通る世界に精通しているため。

関係のあるキャラ

竈門炭治郎

鬼滅の刃の主人公。炭十郎の息子の一人。

竈門炭治郎については「【鬼滅の刃】竈門炭治郎についてまとめてみた【誰よりも優しい鬼滅の刃の主人子】」にさらに詳しくまとめています。

竈門葵枝

炭十郎の妻。鬼舞辻無惨に襲撃された際に死亡している。

竈門葵枝については「【鬼滅の刃】竈門葵枝についてまとめてみた【炭治郎の母親】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、竈門炭十郎についてまとめてみました。炭十郎はすでに故人のキャラですが、作中の回想シーンで度々登場しているので印象に残っている人も多いのではないでしょうか??優しい性格でいかにも炭治郎の父親といった感じのキャラクターですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。