鬼滅の刃

【鬼滅の刃】竈門禰豆子の名言・名シーンまとめ

炭治郎の弟で、鬼滅の刃のヒロインとして作中でも非常に重要な存在として描かれている竈門禰豆子。禰豆子は鬼になってからしゃべることができなくなってしまったので、作中のセリフは少ないですが、それでも注目したいセリフやシーンは描かれています。

今回、禰豆子の作中における名言や名シーンをまとめてみました。感動的な禰豆子のセリフを振り返っていきたい方はぜひご覧ください。

竈門禰豆子の名言・名シーン

いってらっしゃい

鬼滅の刃1話で町に出掛けようとする竈門炭治郎にかけたセリフ。これが人間の禰豆子の最後のセリフと考えると切ないです。

いいよいいよ 大丈夫 この着物気に入ってるの それよりも下の子たちにもっとたくさん食べさせてあげてよ

鬼滅の刃3話で炭治郎が人間だった頃の禰豆子を思い出してるいる時に禰豆子が言っていたセリフ。自分のことよりも下の弟や妹のことを考えられる禰豆子の性格の良さが滲み出るシーン。出来過ぎた妹ですわ。

プイッ

鬼滅の刃47話での習性として本来耐えられるはずがない人間の血を近くで垂らされても人を襲わなかった禰豆子が描かれたシーン。プイッとする禰豆子が可愛い。禰豆子よくやりました!

幸せかどうかは自分で決める 大切なのは”今”なんだよ 前を向こう 一緒に頑張ろうよ 戦おう

鬼滅の刃92話で妓夫太郎との戦いで気を失ってしまった炭治郎の心の中に現れた禰豆子が放ったセリフ。禰豆子の精神的強さを感じ取れる切なくも良いセリフです。

お お おはよう

鬼滅の刃126話で炭治郎が半天狗を倒した後に、日光を克服した禰豆子が放ったセリフ。まだまだたどたどしくはありますが、鬼になった禰豆子が初めて言葉を発した瞬間です。「このまま禰豆子は人間に戻ってくれるのでは??」という期待をもたせてくれるシーンでしたね。

まとめ

以上、竈門禰豆子の名言や名シーンをまとめてみました。禰豆子は鬼になってからしゃべることができなくなってしまったので、ほとんどセリフを発するシーンはありませんが、それでも鬼になって初めて言葉を発したシーンなど、感動的なシーンは描かれていますね。鬼滅の刃ヒロインとしてまだまだ見せ場はあると思いますので、今後も禰豆子の名シーンには注目しておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。