鬼滅の刃

【鬼滅の刃】十二鬼月のメンバーを詳しくまとめてみた

鬼舞辻無惨の直属の部下で、特に強いが集まる最強集団である十二鬼月。すでに十二鬼月のメンバーはすべて登場してきておりますが、今回は十二鬼月のキャラをすべてまとめてみました。十二鬼月について振り返りたい方は、ぜひこちらをご参考ください。

十二鬼月

鬼舞辻無惨直属の12体の鬼

十二鬼月は鬼の始祖である鬼舞辻無惨直属の12体の鬼。つまり、鬼の中でも最強の集団である。上弦の壱に近づけば近づくほど強く、下弦の陸に近づけば近づくほど弱く、明確に実力順となっている。

上弦の鬼は100年以上顔ぶれが変わっていない

十二鬼月は鬼の中でも最強の集団であるが、特に上弦の鬼の強さは別格。下弦の鬼は今までに柱が何体も倒してきているが、上弦の鬼はここ100年以上討伐することができておらず、逆に何体もの柱が上弦の鬼に殺されてしまっている。上弦の鬼は柱3人分の強さに匹敵するとされ、基本的に柱一人では太刀打ちできないほどに強い。

下弦の鬼

下弦の陸 釜鵺

下弦の陸の鬼だが、無惨が下弦の鬼を招集した際にあっさり殺されてしまったので詳細は不明。下弦の鬼の実力不足を無惨に指摘された際、「そんな事を俺たちに言われても」と考えたことを無惨に読み取られ、殺されてしまった。

釜鵺については「【鬼滅の刃】釜鵺についてまとめてみた【十二鬼月下弦の陸】」にさらに詳しくまとめています。

下弦の伍 累

那田蜘蛛山を縄張りとしていた鬼。鋼鉄並みの硬度の糸を自在に操る血鬼術を扱う。家族の絆にこだわり、適当な鬼を集めて家族を形成し、人間を狩っていた。

累については「【鬼滅の刃】累についてまとめてみた【那田蜘蛛山を縄張りとする下弦の伍】」にさらに詳しくまとめています。

下弦の肆 零余子

下弦の鬼が招集された時に無惨に殺されてしまった。柱を前にした時には逃げ出そうと考えており、その思考を無惨に読まれて殺害された。

零余子については「【鬼滅の刃】零余子についての情報まとめ【十二鬼月下弦の肆】」にさらに詳しくまとめています。

下弦の参 病葉

下弦の鬼が招集された際に無惨に殺されてしまった。他の下弦の鬼が殺されるのを見て逃げようとしたが、無惨に捕まり殺害された。

病葉については「【鬼滅の刃】病葉についてまとめてみた【十二鬼月下弦の参】」にさらに詳しくまとめています。

下弦の弐 轆轤

下弦の鬼が招集された際に無惨に殺されてしまった。柱に挑むための力を得るために無惨に血を分け与えてもらうよう懇願したが、無惨の怒りを買ってしまい殺害された。

轆轤については「【鬼滅の刃】轆轤についてまとめてみた【十二鬼月下弦の弐】」にさらに詳しくまとめています。

下弦の壱 魘夢

下弦の鬼が次々と無惨に殺されていく中、唯一無惨から気に入られ、血を分け与えられて生き残った下弦の鬼。相手に悪夢を見せる血鬼術を扱う。無限列車で竈門炭治郎らと戦い、列車と融合して炭治郎らを追い詰めたが、炭治郎らに敗れて死亡した。

魘夢については「【鬼滅の刃】魘夢についてまとめてみた【悪夢を見せる下弦の壱】」にさらに詳しくまとめています。

上弦の鬼

上弦の陸 堕姫・妓夫太郎

兄妹で上弦の陸を務めている。普段は妓夫太郎は堕姫の体の中におり、吉原遊郭の花魁として身を潜め、吉原の美しい女性を中心に人間を捕食している。実力的には妓夫太郎のほうが断然上で、堕姫はおまけのようなもの。吉原遊郭に潜入捜査に来た宇髄天元らと戦い、宇髄らを追い詰めたが最後は炭治郎に頚を落とされ死亡した。

堕姫については「【鬼滅の刃】堕姫についてまとめてみた【花魁に化ける上弦の陸】」にさらに詳しくまとめています。

妓夫太郎については「【鬼滅の刃】妓夫太郎についてまとめてみた【一番悲惨な過去を持つ鬼!?】」にさらに詳しくまとめています。

上弦の伍 玉壺

壺の中に身を潜めており、壺と繋がった人外の状態となっている。芸術家気質で人間の死体で気色の悪いオブジェクトを作ったりしている。壺を使った空間移動を得意とし、壺の中の空間に引きずり込んだり、壺から化け物を出現させたりする。刀鍛治の里を襲撃するが、霞柱の時透無一郎に敗北し死亡した。

玉壺については「【鬼滅の刃】玉壺についてまとめてみた【悪趣味すぎる芸術家】」にさらに詳しくまとめています。

上弦の肆 半天狗

小柄な老人風の鬼だが、頚を斬り落とされる度に若くて強い分身体を生み出すことができる血鬼術を扱う。空喜、積怒、哀絶、可楽という4体の鬼を生み出すことができ、さらに4体の鬼が融合した憎珀天という鬼まで登場した。本体は野ネズミほどの大きさの鬼で、そもそも気づくのが困難な上に小さいくせにかなり硬く、相当な実力者でないと斬ることができないと厄介なことこの上ない。玉壺とともに刀鍛治の里を襲撃するが、炭治郎に頚を落とされて死亡した。

半天狗については「【鬼滅の刃】半天狗についてまとめてみた【作中一のゲスキャラww】」にさらに詳しくまとめています。

上弦の参 猗窩座

強者との戦いを望む武闘家気質の鬼。強い者を好み、弱い者を極度に嫌っており、強い人間と戦うとさらに高みに登らせるために鬼になるよう勧誘をすることがしばしばある。破壊殺という身体能力を強化し、格闘技を繰り出す血鬼術を扱う。また、羅針という相手の闘気を感知し、動きを読み取ることもでき、肉弾戦においては上弦の鬼の中でも最強クラスの実力を誇る。無限城での戦いにおいて、水柱の冨岡透き通る世界に目覚めた炭治郎の前に敗れ死亡した。

猗窩座については「【鬼滅の刃】猗窩座についてまとめてみた【戦闘狂の上弦の参】」にさらに詳しくまとめています。

上弦の弐 童磨

表向きは新興宗教、万世極楽教の教祖を務めている。自らの血を凍らせ冷気を操る血鬼術を扱う。上弦の弐ということもあり、凍らせた血を微細な霧状にして周囲に散布させ、吸い込むと肺胞が壊死してしまうというなかなかの初見殺しの技も使ってくる。無限城にて蟲柱の胡蝶しのぶを倒して吸収するものの、しのぶの体内に蓄積されていた藤の花の毒まで吸収してしまい、その影響が出た隙を突かれて栗花落カナヲ嘴平伊之助にやられて死亡した。

童磨については「【鬼滅の刃】童磨についてまとめてみた【上弦の弐の氷の血鬼術の使い手】」にさらに詳しくまとめています。

上弦の壱 黒死牟

十二鬼月最強の鬼。その正体は日の呼吸の使い手で、全集中の呼吸の産みの親である継国縁壱の双子の兄である継国巌勝という人物。元々は剣士だったこともあり、血鬼術に加えて全集中の呼吸まで扱うことが可能で、月の呼吸を扱う。また、炭治郎が猗窩座戦で達した透き通る世界にも達しており、相手の動きを先読みすることが可能。普段は日本刀のような武器を使っているが、本気になるとかなり大振りの剣を生成し、圧倒的リーチで攻撃してくる。無限城にて時透、不死川兄妹、悲鳴嶼と戦い死亡した。

黒死牟については「【鬼滅の刃】黒死牟についての情報まとめ【上弦の壱で正体は継国巌勝】」にさらに詳しくまとめています。

 

後任と元十二鬼月

 

新上弦の肆 鳴女

半天狗の代わりに新たに追加された上弦の肆の鬼。琵琶を持った一つ目の鬼。空間を操る血鬼術を扱い、無限城内の空間を自在に操ったり、一瞬で城内に召喚したりすることができる。また、使い魔を派遣して鬼殺隊員の居場所を特定することも可能。

鳴女については「【鬼滅の刃】鳴女についてまとめてみた【無限城を自在に操る血鬼術】」にさらに詳しくまとめています。

 

新上弦の陸 獪岳

堕姫&妓夫太郎の代わりに上弦の陸となった鬼。元々は剣士で我妻善逸の兄弟子にあたる人物。雷の呼吸の壱ノ型以外を以外を習得しており、黒死牟同様血鬼術と呼吸を扱うことができる。まだ鬼としてはルーキーで、血鬼術を使いこなせいこともあり、無限城での戦いで善逸に敗れて死亡した。

獪岳については「【鬼滅の刃】獪岳についてまとめてみた【最弱の上弦の鬼ww】」にさらに詳しくまとめています。

 

元下弦の陸 響凱

元上弦の陸。無惨に素質を認められて十二鬼月になったものの、だんだんと人間を食べれなくなり、十二鬼月から降格させられた。体に埋め込まれた鼓を叩くことで部屋を回転させたり、斬撃攻撃を繰り出すことができる。縄張りとしていた屋敷に入って来た炭治郎に敗れて死亡した。

響凱については「【鬼滅の刃】響凱についてまとめてみた【鼓を打つ元十二鬼月の鬼】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、十二鬼月についてまとめてみました。十二鬼月は、無惨直属の部下の鬼とあって、個性的なキャラクターが多いです。特に、上弦の鬼は血鬼術も個性的で人気のあるキャラクターが多いのではないでしょうかね??

鬼滅の刃の今までのストーリーを「【鬼滅の刃】今までのあらすじを全ネタバレ!ストーリーを一気に振り返り!」にまとめているので、今までのストーリーを振り返りたい方はそちらもご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。