鬼滅の刃

【鬼滅の刃】上弦の鬼一覧

最強の鬼の集団である十二鬼月。その中でも特に強いのが上弦の鬼。十二鬼月は、上弦の鬼と下弦の鬼に分かれていますが、上弦の鬼の強さは別格です。

今回、そんな上弦の鬼を一覧形式にまとめてみました。上弦の鬼がどんなキャラクターがいたのか気になる方は、ぜひご参考ください。

 

十二鬼月上弦の鬼一覧

 

上弦の鬼

上弦のは、鬼舞辻無惨直属の部下である十二鬼月の中の上位6体の鬼のことを指す。下弦の鬼同様壱から陸の数字が割り振られており、上弦の壱に近ければ近いほど強い。

同じ十二鬼月でも上弦と下弦とでは天と地ほどの実力差があり、下弦の鬼は下弦の壱ですら柱に倒されるのに対して、上弦の鬼は柱3人分に匹敵する強さを誇ると言われている。実際、上弦の鬼は何十人もの柱を葬ってきており、実に100年以上上弦の鬼が鬼殺体に倒されることはなかった。

 

上弦の鬼一覧

 

上弦の壱 黒死牟

正体は始まりの呼吸の剣士である継国縁壱の兄の継国巌勝。の発現による急激な寿命の低下に悩んでいたところを無惨に勧誘されて鬼となった。もともと剣士だったこともあり、血鬼術だけでなく全集中の呼吸も使うことができる。しかも、月の呼吸というどう考えても呼吸の中でも最強クラスの呼吸の使い手。敗れはしたものの、悲鳴嶼行冥時透無一郎不死川実弥不死川玄弥という柱3人を含む鬼殺隊と同時に戦い、途中までは圧倒するという上弦の壱の鬼の名に違わぬ活躍っぷりを見せてくれた。

黒死牟については「【鬼滅の刃】黒死牟についての情報まとめ【上弦の壱で正体は継国巌勝】」にさらに詳しくまとめています。

 

上弦の弐 童磨

万世極楽教の教祖。胡蝶しのぶの姉である胡蝶カナエを殺した張本人なので、しのぶからは仇敵とされていた。そして、無限城での戦いでしのぶを殺したため栗花落カナヲの怒りを買った。氷を操る血鬼術を扱う。かなり広い範囲に攻撃できたり、相手の目を潰すほどの冷気を出せたり、吸い込むだけで肺を壊死させる氷を散布させたりと、バラエティに富んだ能力の血鬼術となっている。実力的には完全に圧倒していたが、しのぶの毒をモロに吸収してしまったせいで嘴平伊之助&カナヲの前に敗れてしまった。

童磨については「【鬼滅の刃】童磨についてまとめてみた【上弦の弐の氷の血鬼術の使い手】」にさらに詳しくまとめています。

 

上弦の参 猗窩座

人間時代武術を習っており、鬼になってからは極みの域に達している。強さをひたすらに求め、しばしば強い人間を鬼に勧誘し、さらなる高みへ連れて行こうとしている。血鬼術は破壊殺という武術技を繰り出すというシンプルなものになっているが、羅針という相手の闘気を探知して動きを先読みできる技も扱う。本人の圧倒的戦闘力と相まって、羅針発動中の猗窩座は無敵の強さを誇る。炎柱の煉獄杏寿郎を倒すが、無限城で竈門炭治郎&冨岡義勇との戦いに敗れた。

猗窩座については「【鬼滅の刃】猗窩座についてまとめてみた【戦闘狂の上弦の参】」にさらに詳しくまとめています。

 

上弦の肆 半天狗

老人で弱々しい姿をした鬼だが、頚を斬り落とされる度に若くて強い分身体を生み出す血鬼術を扱う。作中では最大4体の分身体を生み出していた。分身体は合体させることが可能で、4体の分身体を合体させて憎伯天という最強の分身体を生み出していた。本体は野ねずみ程度の大きさしかない上に弱点の頚がかなり硬いので、本体を倒すのにも一苦労となる。玉壺とともに刀鍛治の里を襲うが、炭治郎に本体を斬られて死亡した。

半天狗については「【鬼滅の刃】半天狗についてまとめてみた【作中一のゲスキャラww】」にさらに詳しくまとめています。

 

上弦の伍 玉壺

壺から上半身が出た異形な姿をした鬼。壺は異空間になっており、壺から壺に瞬間移動したり、壺から化け物を出したりすることができる。脱皮をすることで真の姿となり、壺状態の時とはうって変わって強靭なフィジカルを活かした肉弾戦がメインとなる。半天狗とともに刀鍛治の里を襲撃したが、霞柱の無一郎にボコされていたので、いかんせん弱キャラ感が拭えないw

玉壺については「【鬼滅の刃】玉壺についてまとめてみた【悪趣味すぎる芸術家】」にさらに詳しくまとめています。

 

上弦の陸 堕姫&妓夫太郎

上弦の陸は堕姫と妓夫太郎の兄妹の2体で務めている。兄の妓夫太郎は普段堕姫の中に潜んでいるが、堕姫では手に負えない相手の時は妓夫太郎も戦いに加わる。戦闘力は妓夫太郎のほうが圧倒的に高く、堕姫は補佐的な扱い。ただ頚を斬り落とすだけでは倒すことができず、2体同時に頚を斬り落とさなければならない。堕姫は帯を操る血鬼術を、妓夫太郎は毒が付与された鎌を生成する血鎌という血鬼術を扱う。

堕姫については「【鬼滅の刃】堕姫についてまとめてみた【花魁に化ける上弦の陸】」に、妓夫太郎については「【鬼滅の刃】妓夫太郎についてまとめてみた【一番悲惨な過去を持つ鬼!?】」にさらに詳しくまとめています。

 

新・上弦の肆 鳴女

半天狗が倒された後に上弦の肆についた鬼。無限城内の空間を自在に操ることができ、構造を自在に組み替えたり、位置を自在に入れ替えたりすることができる。また、探知機能を持つ使い魔を派遣することができ、かなりの数の鬼殺隊士の居場所を察知していた。

鳴女については「【鬼滅の刃】鳴女についてまとめてみた【無限城を自在に操る血鬼術】」にさらに詳しくまとめています。

 

新・上弦の陸 獪岳

堕姫&妓夫太郎がやられた後に上弦の陸についた鬼。もともと我妻善逸とともに育手桑島慈悟郎の元で修行を受ける剣士だったので、雷の呼吸を扱うことができる。鬼になって血鬼術を組み合わせることで、斬撃を加えた相手をひび割れ状態にする効果が付与されており、相手は一太刀でも浴びるとひび割れがどんどん進んでいってしまう。

獪岳については「【鬼滅の刃】獪岳についてまとめてみた【最弱の上弦の鬼ww】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、上弦の鬼を一覧形式にまとめてみました。上弦の鬼は十二鬼月の中でも別格の強さの鬼で、上弦の鬼との戦いが鬼滅の刃の見所と言ってもいいでしょう。あなたは上弦の鬼の中でどのキャラクターが一番好きですか??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。