鬼滅の刃

【鬼滅の刃】ヒノカミ神楽十三ノ型についてまとめてみた【十二の技を繋いでいく対無惨用の技】

ヒノカミ神楽十三ノ型は、鬼滅の刃において長い間伏線として描かれてきました。炭治郎が使うヒノカミ神楽には十三ノ型まで存在するのですが、この十三ノ型がどのような技かはずっと明らかにならなかったのですよね。

しかし、鬼滅の刃192話にてついにヒノカミ神楽十三ノ型がどのような技なのかが明らかになりました。ということで今回は、ヒノカミ神楽十三ノ型について明らかになった情報をまとめています。ヒノカミ神楽十三ノ型についての情報を振り返っていきたい方はぜひご参考ください。

ヒノカミ神楽十三ノ型

正体はヒノカミ神楽の技を連続で出す技

ヒノカミ神楽十三ノ型は以前からその存在が匂わされており、いわゆる作中の伏線として描かれており、「【鬼滅の刃】未回収の伏線一覧」にも記載しています。ただ、ヒノカミ神楽十三ノ型の正体が鬼滅の刃192話で明らかになりました。

ヒノカミ神楽は十二の型を繰り返すことで円環を成し、十三個めの技になることが明らかになりました。

つまり、今まで使ってきた十二の技を連続で繋いでいくことがヒノカミ神楽十三ノ型ということです。ヒノカミ神楽には、円舞と炎舞という同じ音の技が存在していますが、円舞から始まり炎舞まで繋げていくことがヒノカミ神楽十三ノ型の真相です。

対無惨用の技

このヒノカミ神楽十三ノ型は対鬼舞辻無惨用の技と言っても過言ではないでしょう。無惨は複数の脳と心臓を持っており、おそらくすべての脳と心臓を攻撃しないと倒すことができません。また、いざとなれば非常に小さな大量の肉片にばらけて逃亡することも可能で、普通の剣技では無惨を倒すことはできません。この無惨の厄介な能力を封じ込めるために編み出されたのがヒノカミ神楽すべての技を繋いでいく十三ノ型でしょう。実際この技を使って無惨を倒すことは容易ではないことを竈門炭治郎も理解していますが、この技で無惨を倒すことはできるのでしょうか??

まとめ

以上、ヒノカミ神楽十三ノ型についてまとめてみました。ヒノカミ神楽十三ノ型は長らく明かされない伏線として描かれてきましたが、ついに明らかになったあたり、鬼滅の刃もいよいよクライマックスなのかと思ってきてしまいます。炭治郎はまだヒノカミ神楽十三ノ型を使ってはいませんが、おそらく近いうちに使うことになるでしょう。炭治郎がヒノカミ神楽十三ノ型を使うのは非常に楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。