鬼滅の刃

【鬼滅の刃】雛鶴についてまとめてみた【宇髄天元の嫁の一人】

鬼滅の刃に登場する宇髄天元の嫁の一人である雛鶴。雛鶴は吉原遊郭に巣食う鬼を探るため、遊女として潜入していたくノ一です。

今回、雛鶴について作中で明らかになっている情報をまとめてみました。雛鶴の情報を振り返りたい方はこちらをご参考ください。

雛鶴

宇髄の嫁の一人

雛鶴は宇髄天元の嫁の一人。真面目で優しい性格のくノ一で、3人の嫁のまとめ役。性格が真逆でよく喧嘩をする須磨まきをの仲裁役となっている。

吉原遊郭に潜む鬼を探るため遊女として潜入

雛鶴は吉原遊郭に潜むを探るため、遊女として京極屋に潜入していた。京極屋の蕨姫花魁が鬼だということに気づくが、向こうからも怪しまれてしまったため身動きが取れずにいた。服毒して病にかかったふりをして京極屋を出ようとするが、その際に渡された帯が血鬼術によって生み出された化け物で、帯の化け物に襲われていたところを宇髄によって助けられた。妓夫太郎との戦いで、藤野の花の毒を塗ったクナイを飛ばし宇髄らのサポートした。

関係のあるキャラ

宇髄天元

鬼殺隊の音柱。雛鶴の旦那。

宇髄天元についてさらに詳しく知りたい人は「【鬼滅の刃】宇髄天元についてまとめてみた【作中屈指のイケメンの音柱】」をご参照ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。