鬼滅の刃

【鬼滅の刃】悲鳴嶼行冥についてまとめてみた【鬼殺隊最強の剣士】

柱の一人で「鬼殺隊最強」とも言われている悲鳴嶼行冥。今回、悲鳴嶼について作中で明らかになっている情報をまとめています。悲鳴嶼について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

悲鳴嶼行冥

鬼殺隊の岩柱

悲鳴嶼は鬼殺隊の柱の一人で、岩柱を務めている。竈門炭治郎嘴平伊之助から「柱の中でも最強」と目されており、実際十二鬼月上弦の壱の黒死牟からも実力を認められているあたり、柱の中でも最強キャラと言って間違いないだろう。

育てていた子供を鬼に殺された過去を持つ

鬼殺隊に入る前、悲鳴嶼は寺で身寄りのない子供を数人育てていた。しかし、子供の一人がに遭遇し、その子供が自分が助かるために「寺にいた悲鳴嶼と8人の子供を食わせる」と鬼に提案し、そのせいで沙代という一番年下の少女以外の子供を鬼に殺されてしまっている。「何としても沙代を守りたい」という想いで悲鳴嶼は鬼に戦いを挑み、まだ全集中の呼吸を身につけていないにも関わらず、素手で鬼を撲殺するという鬼殺隊最強に違わぬ活躍を見せている。この一件のせいで悲鳴嶼は子供に不信感を覚えるようになり、疑り深い性格となってしまった。ちなみに鬼に悲鳴嶼や子供を売った子供の正体は、後に上弦の陸となる獪岳だったことが明らかになった。

悲鳴嶼行冥の強さ

岩の呼吸の使い手

悲鳴嶼は全集中の呼吸の基本形の一つである岩の呼吸の使い手。水の呼吸と同じで防御面に強い呼吸だが、技術よりも筋力を要する力の流派となっている。

特殊な日輪刀を扱う

鬼殺隊の扱う日輪刀は通常日本刀のような形状をしているが、悲鳴嶼の扱う日輪刀は手斧とトゲつき鉄球が鎖で繋がれた形状と他の隊士が扱う日輪刀とはまったく異なる形をしている。手斧、鉄球、鎖の全ての部位が高純度の猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石で作られており、蓄積された陽光の力も非常に強い日輪刀となっている。また、反響する鎖の音で相手の動きや空間を正確に把握することが可能で、盲目な悲鳴嶼には最適な日輪刀と言える。

痣が発現し透き通る世界にも目覚めている

悲鳴嶼は寿命を前借りする代わりに身体能力を著しく向上させることができるを発現させている。通常痣を発現させると25を超えて生きることができないが、悲鳴嶼は現在28歳なので25を過ぎた人間が痣を発現させるとどうなってしまうのかはいまだ不明。

また、悲鳴嶼は黒死牟戦で透き通る世界も習得。相手の動きを先読みできるようになり、黒死牟相手にも張り合えるほどの力を身に着けた。

関係のあるキャラ

不死川玄弥

炭治郎と同期メンバーの一人。正式な継子ではないが、悲鳴嶼は玄弥のことを弟子として修行をつけていた。

不死川玄弥については「【鬼滅の刃】不死川玄弥についてまとめてみた【鬼化できる異能者】」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

以上、悲鳴嶼行冥についてまとめてみました。鬼殺隊最強の悲鳴嶼の今後の活躍も気になるところですが、すでに25を超えて痣を発現させた悲鳴嶼がどうなってしまうのかも気になるところです。やはり、痣の副作用で死んでしまうのでしょうか??縁壱という例外もいるので、悲鳴嶼もその例外となるのか、今後の展開が気になるところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。