鬼滅の刃

【鬼滅の刃】悲鳴嶼行冥の死亡シーンを解説

鬼滅の刃の登場キャラクターである悲鳴嶼行冥。悲鳴嶼行冥は作中で死んでしまうキャラクターですが、今回悲鳴嶼行冥の死亡シーンを解説してみました。悲鳴嶼がどのように死んでしまうのか振り返りたい方はご参考ください。

悲鳴嶼行冥の死亡シーンを解説

無惨との戦いに参戦

鬼殺隊はの始祖である鬼舞辻無惨との戦いを繰り広げていた。悲鳴嶼行冥も遅ればせながら戦いに参戦する。

無惨の攻撃を食らい細胞の死滅が進むが、珠世の薬を受け取り、一時的ではあるが症状が緩和する。

珠世の薬のおかげで戦い続けることができた悲鳴嶼だったが、無惨が起こした地割れ攻撃によって吹き飛ばされ、左足を欠損してしまう。

無惨との戦いが致命傷となり死亡

無惨の攻撃を食らい致命傷を負う悲鳴嶼だが、無惨の息の根を止めるためになんとか立ち上がる。

鬼殺隊が死力を尽くして無惨を足止めし、ついに日の光を無惨に浴びせることに成功。悲鳴嶼も鎖を使って逃げようとする無惨を逃さないようにする。

そして、ついに無惨を日の光で灼き殺すことに成功するのであった。

無惨を倒すことはできたが、悲鳴嶼は無惨との戦いで負った傷でもう助かる状況ではなかった。そんな悲鳴嶼の元にかつて鬼に殺されてしまった寺の孤児たちが姿を現す。

孤児たちの口からあの日の真相が語られる。孤児たちは目の見えない悲鳴嶼を守るために武器を取りに行こうとしたことや、他の人に助けを求めて外に出ていったことを聞かされる。そして、孤児たちに囲まれながら悲鳴嶼も安らかに息を引き取っていった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。