鬼滅の刃

【鬼滅の刃】佩狼【煉獄杏寿郎外伝時の下弦の弐】

鬼滅の刃の登場キャラクターである佩狼。佩狼は煉獄杏寿郎外伝時の十二鬼月下弦の弐の鬼です。佩狼についての情報をまとめているので、どのようなキャラか振り返りたい方はご参考ください。

佩狼

十二鬼月下弦の弐

佩狼は煉獄杏寿郎外伝時の十二鬼月下弦の弐の煉獄槇寿郎に追い込まれた挙句、なんとか逃げ切ることができた際に「卑怯者」と罵倒される。これがトラウマとなり、興奮しやすい性質となっており、激昂すると自身を銃で撃ち抜き冷静さを取り戻す癖がある。この出来事があったため、炎柱への復讐を決意し力をつけて十二鬼月下弦の弐まで上り詰めた。「憤死してしまう」が口癖。

過去

かつて佩狼には共に目的を達成しようと集まった仲間がいた。「俺たちの剣は銃なんかに負けませんよ」という言葉を残すが、新政府軍と思われる人物たちの銃によって敗れていった。この過去が佩狼が銃火器をメインウェポンにしていることに影響を与えていると思われる。

煉獄杏寿郎に敗北

帝都のあちこちに爆弾を仕掛け、大規模な爆破テロを起こす。任務で帝都に駆けつけた煉獄杏寿郎と戦闘となる。血鬼術鹵獲腔で影の中から銃火器を出したり、影に引き寄せる戦法で杏寿郎を追い詰めるが、用意していた銃の弾をすべて弾き返され弾切れとなってしまう。追い詰められた佩狼は過去を思い出し武士としての自覚を取り戻し、「武士として貴様を殺す」と刀を出し鹵獲腔・戦禍陣狼を発動して最終形態となる。が、杏寿郎の煉獄によって斬り伏せられ死亡した。

血鬼術

血鬼術は鹵獲腔。影を自在に操り、敵を拘束・捕縛したりすることができる。また、体の一部を影にして頸を刎ねられても致命傷を避けることができたりもする。影の中から拳銃やガトリングガンなどの銃火器を出して攻撃したりすることも可能。

技一覧

鹵獲腔 影狼

影から狼を出現させる。

鹵獲腔 戦禍陣狼

全身に影を纏って獣人のような姿となる。

【鬼滅の刃】作中登場キャラクター一覧鬼滅の刃には、今まで多くのキャラが登場しています。今回、鬼滅の刃の登場キャラを一覧形式にまとめてみました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。