鬼滅の刃

【鬼滅の刃】鬼殺隊の階級一覧

鬼滅の刃の鬼殺隊には階級があります。柱以外の隊士がほぼ登場していないので、あまり目立った設定ではありませんが、今回鬼殺隊における階級を一覧形式でまとめてみました。鬼殺隊の階級について振り返っておきたい方は、ぜひこちらをご参考ください。

 

鬼殺隊の階級一覧

 

鬼殺隊の階級は10段階に分けられている

鬼殺隊の階級は全部で10段階に分けられています。

鬼殺隊の階級一覧
  1. 甲(きのえ)
  2. 乙(きのと)
  3. 丙(ひのえ)
  4. 丁(ひのと)
  5. 戊(つちのえ)
  6. 己(つちのと)
  7. 庚(かのえ)
  8. 辛(かのと)
  9. 壬(みずのえ)
  10. 癸(みずのと)

上から順に高い階級

最終選別をくぐり抜けて鬼殺隊に入隊した隊士は一番下の階級の癸から始まり、戦功に応じて階級が上がっていきます。主人公の竈門炭治郎は最初は癸でしたが、庚に昇格したシーンが作中で描かれていました。

 

鬼殺隊の最高階級が柱

鬼殺隊の一般隊士の階級が前述の10段階だが、さらに上の柱が鬼殺隊の最高階級となる。柱になるための条件は以下の通り。

柱になるための条件
  1. 甲の隊士
  2. 十二鬼月を倒すor50体のを倒す

この2つの条件を達成すると柱に任命される。

 

藤花彫りで階級を確認できる

ちなみに階級は藤花彫りで確認できる。藤花彫りは特殊な技術で手の甲に印を彫ること。「階級を示せ」という言葉と筋肉による膨張によって現在の階級が浮かび上がるようになっている。

まとめ

以上、鬼殺隊の階級一覧でした。ただ、柱以外の階級は特に作中で触れられることはないので鬼殺隊の階級は完全に死に設定となっていますがねw柱以外の階級のキャラももっと登場させても面白いと思うんですがね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。