鬼滅の刃

【鬼滅の刃】吾峠呼世晴先生の年収や印税収入を徹底予想

現在、圧倒的人気漫画となっている鬼滅の刃。コミックスの売上は2020年に入ってからたったの2ヵ月で1,000万部超えというとんでもない記録を残しています。

そこで気になるのは作者の吾峠呼世晴先生の年収です。これだけ売れている漫画の作者さんの収入はとんでもないことになっていると予想できますが、実際にどのくらいの収入なのでしょうか??コミックスの売上を見ていくとだいたいの年収が予想できるので、今回は吾峠呼世晴先生の年収を予想していきます。

吾峠呼世晴先生の年収や印税を徹底予想

コミックスの売上から吾峠呼世晴先生の年収を考察

吾峠呼世晴先生の年収はさすがに公開はされていませんが、コミックスの売上は公開されているのでそれを見ていくことで漫画家さんの収入のある程度の予想をすることはできます。漫画家さんのメインの収入はこのコミックスが売れた際の印税なので、今回はコミックスの売上から吾峠呼世晴先生の年収を予想してみましょう。

2019年の吾峠呼世晴先生の収入は5億超えは確実か??

まずは吾峠呼世晴先生の2019年の年収を見ていきましょう。昨年の鬼滅の刃のコミックス売上は12,057,628部と公開されています。コミックスが売れることで漫画家さんに入る印税は販売価格の8〜10%ほどと言われています。単行本1冊の価格は450円程度なので印税が10%だとして、1冊売れるごとに45円の収入となります。

では、鬼滅の刃の場合はいくらの印税になるか。12,057,628部の場合の印税収入はなんと542,593,260円。まさかの5億超えです、とんでもない収入ですねw

2019年の年収5億超えでもかなりビビる額ですが、2020年の吾峠呼世晴先生はそれを大きく上回る収入を得ることになると思います。鬼滅の刃の2020年のコミックス売上はたった2ヵ月で10,652,677部というデータが出ています。2020年に関してはたったの2ヵ月で5億に迫る印税を得ていることになります。仮にこのペースが2020年中続いたとしたら、×6の30億に迫る年収となることに。いやぁ〜、「漫画家は当たれば夢のある仕事」とは言いますが、夢があるどころの話ではないですねw

グッズ売上や原稿料の収入もあり

コミックス売上による収入だけでもとんでもないですが、グッズの売上や原稿料の収入も加味すると吾峠呼世晴先生の収入はもっと高くなるでしょう。特にグッズ売上の収入は半端じゃないと思います。グッズ売上による収入は読めないところがありますが、今大人気漫画の鬼滅の刃は様々なグッズが販売されているので、そのロイヤリティの収入も半端ないでしょう。鬼滅の刃グッズはめちゃくちゃ売れてるらしいですからね。

また、週刊連載している漫画家さんは原稿料も受け取っています。人気漫画家さんになると1ページあたりの原稿料が2〜3万円ほどになるそうです。週刊少年ジャンプで連載されているので、毎週19ページ書くとして19×3万円で57万円が毎週原稿料として吾峠呼世晴先生に支払われます。年間48週(正確には合併号があるのでもう少し少ないですが)なので、48×57万円で27,360,000円が原稿料による年間収入になります。普通に考えるとかなりの収入ですが、やはり漫画家さんはコミックスの印税やグッズ売上がメインの収入となっているということがわかりますね。

まとめ

と言うことで、吾峠呼世晴先生の年収を予想してみました。コミックスの売上から考えると少なくとも2019年の年収は5億超え。原稿料やグッズ売上を加味すると収入はさらに高くなってくるでしょう。漫画家は夢がある仕事とはよく言われますが、社会現象的人気漫画になるとこれだけの収入になってくるのですね、改めて驚かされました。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    当たる確率は低いのに凄い

  2. 匿名 より:

    ガバガバな計算。グッズはほぼアニメ制作会社の描きおろしなので原作側には使用料が支払われるだけでそこまでだったりする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。